Essay 【プロスポーツの世界って】

       

世間をちょっとだけ?にぎわしているプロ野球のストーブリーグ。

気になったのはソフトバンクの杉内。
彼は今年FA宣言⇒巨人入りを表明しました。
FA宣言したのは、ソフトバンクの査定方法が過去の貢献度を度外視したものになっており、その年の活躍度が評価されすぎるものになっているのが気に入らない。球団の対応は冷たい。
ということが原因とのこと。

でもプロスポーツの世界ってそれが当たり前ではないのかな?
活躍できれば来期の年俸は上がり、そうでなければ下がる。
過去に貢献してきたから、活躍できなくても年俸のダウンはやめてください
ということ?
そんなことしてるからほんの1部のスター選手(既に戦力になってない選手を含む)の高額な年俸のせいで、球団経営を圧迫しているのではないでしょうか。
ソフトバンクの対応が冷たいのではない。ビジネス的には非常に正しい発想です。

たまに、監督は1年1年が勝負だと複数年契約を誇示する、男気ある監督もいらっしゃいますがそれこそが本当のプロスポーツ選手の姿だと思います。
だからこそ、活躍できれば、少年少女に夢を与えることができるような多額の年俸を得ることができるのです。

そもそも、今季の活躍度で来期の年俸を決めるということ自体が間違っていると思います。来期の年俸は来期の活躍度が反映されるものであるべき。
シーズンオフにその年の活躍度に応じて年俸を払うわけにはいかないんでしょうか?(もちろん多額の現金は必要になりますが、年俸ドロボーの防止にはなります)
でないと、引退前最後のシーズンは活躍しなくても前年の活躍に応じた年俸を得ることになる。もちろん、1試合も出場しなくてもリハビリに従事していても。

同じく、プロ1年目の選手の年俸も1年目の結果に応じたもので後払いにすべき。
まだ、1球も投げず、1度もバットを振らない選手に多額の年俸を支払うのもいかがなものか。


プロスポーツの世界は、『義理人情の世界』でなく『実力の世界』であるべきだと思います☆


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。