ヴチニッチのタメとマルキージオの運動量。ゼーマンはグウの音も出ず【2012-13 Lega Serie A 第6節 Juventus vs Roma】 


何かと因縁深いゼーマン監督率いるローマをホームに迎えた試合。
ヴチニッチのパートナーにはマトリ、アサモアとリヒトシュタイナーの両ワイドは温存し、カセレスとデチェーリエが出場しました。

万が一、無敗記録が途切れるのならこの試合だと思っていました。
3バックのユーヴェvs3トップのローマ。
CLの試合を見据えた選手起用のユヴェントスの隙をついて
攻撃的に仕掛けられ、ズルズルと押し込まれた挙句に先制、そのまま逃げ切られる。
試合後のゼーマンのコメントに腹を立てるユヴェンティーノ。
それだけはご勘弁をと思っていましたが、開始20分で勝負ありでした。

試合開始のホイッスルが歓声でかき消されるほどの盛り上がりの中、キックオフ。
開始早々、ボールを持ちあがるボヌッチが中盤でカットされ、逆にピンチを迎えるもシュートは枠を捉えず。
開始直後から行うには少々危険なプレーですが、ピルロのマークがきつくなることが予想される試合ではCBのゲームメイクがカギを握るので、ボヌッチの積極性は実を結ぶ時が来るのではないでしょうか。

ローマがもっと攻撃的に来るのかと思ったのですが意外とそうでもなく、前線からのプレスと中盤以降のプレスが連動せず、ピルロが自由にボールを動かし、徐々にユヴェントスが押し込む展開に。
9分、エリア内へ進入するマルキージオへ浮き球のパス。このプレーが相手DFのファイルを誘いFKのチャンス。ピルロが壁の足元を抜く低いシュートでゴール。
14分にはハンドを獲得し、今年のPKキッカー1番手のビダルが冷静に決めて追加点。
18分には待望の選手が久しぶりのゴール。ビダルの見事なパスを胸トラップ、決めたのはマトリ。しかし、GKに触れられるヒヤヒヤのゴール。頑張れマトリ!
ここまで、わずか19分。その後も攻め続けるユヴェントス。マルキージオ、ヴチニッチがシュートを放つもバーに嫌われ得点ならず。
このまま何点取るのかユヴェントス。と思わせるも、そのまま後半へ。

後半に入ってもユヴェントスのペースで試合は進み、ローマはまともにシュートすらできない。
63分、トッティ交代でローマは終戦。
と思いきや、サッカーはわからないもの。代わって入った、デストロがボレーシュートでユヴェントスゴールを脅かす。
ここは枠をとらえないが、68分にワンツーでエリアに進入したところをボヌッチと交錯しPKを獲得。オズバルドが決め1点を返す。ユヴェントスからのオファーを蹴ってローマ入りしたデストロ。独特のリズムを持つ、いい選手です。

一気に反撃といきたかったローマだが、ここではトッティ交代が裏目。攻撃が単調になってしまい、肝心のところでボールロスト。
逆にマルキージオ、ヴチニッチがローマゴールに襲い掛かり、試合の流れを渡さない。

終了場際に、自陣でのセットプレーのピンチからカウンターでバルザーリがDFとは思えないドリブルとラストパスでジョビンコのゴールを演出。
試合は4-1でユヴェントスが勝利。

この試合、ピッチを縦横無尽に躍動するマルキージオ、時には前線でタメを作り、時には絶妙のポジションを取りシュートを放つヴチニッチの活躍が目立ちました。
88分、ヴチニッチが前線からのチョイスでイエロー。試合はもはや決まっていたので、そこまでの激しさの必要性は別として、CL準決勝でのネドヴェドを思い出しました。勝利目前に不必要なファール、痛恨のイエローで決勝は出場停止。しかし、これがユーヴェに受け継がれる魂。
決して試合終了まで力を抜かない。もっともコンテが叩き込んだ、思い出させた点でしょう。

そのコンテ監督の出場停止処分ですが、大幅に短縮されそうという噂もあります。
それ以前に、無実だと思うのですが。早めの復帰を待ち望んでいます。

次は、CLグループリーグ第2戦シャフタールドネツクとの試合。
ヨーロッパの舞台で久しぶりの勝利を飾りたいですね。


Lega Serie A 第6節
Juventus
logo_juve
4 3-0 1 Roma
logo_roma
1-1
ピルロ
ビダル
マトリ

ジョビンコ
11′
16′
19′
69′
90′



オズバルド
16
11
11
SHOTS
ON GOAL
FOUL against
10
4
13
30:10 BALL Possession 27:57



⇒ 無敗は続くよ。どこまでも☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】トレゼゲ:「ユーヴェには真のフィニッシャーがいない」


あなた以上の点取り屋はおりません・・・。


イタリア『トゥットスポルト』にトレゼゲは、「チェルシー戦のユヴェントスには感銘を受けたよ。団結したチームで、非常によく組織されている。今の調子を維持できれば、CLで勝ち進むことも可能だよ」と語っている。

「ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・ピルロ、ミルコ・ヴチニッチはワールドクラスだ」

トレゼゲはまた、今のユヴェントスには真のフィニッシャーがいないと続けた。

「彼らには、僕のような特徴を持つ選手、真のフィニッシャーがいない。(ユヴェントスで)良いスタートを切ったアレッサンドロ・マトリを信頼していたけど、彼に何が起こったのか分からない」

「ただそれは、監督が何を必要とするか次第だ。どのような選手がほしいか決めるのは、監督だからね」




⇒ もう一度ビアンコネロのユニフォームはいかが?

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

不安の残る3連勝。PKの序列はビダル→ヴチニッチ→??【2012-13 Lega Serie A 第3節 Genoa vs Juventus】 


アウェーの地でジェノア戦を迎えるユヴェントス。
今年はCLを見据えての戦いもしなくてはなりません。
ヴチニッチ、ビダル、リヒトシュタイナー、アサモアはベンチに温存。
なるべくなら出場はさせず、水曜日のチェルシー戦に備えたいところ。
楽しみなのは、ルシオ、イスラ、ベントナーがベンチ入り。
控えメンバー、新メンバーがフィットするのか。
そして、台風が接近している中で最後まで放送されるのか。
頑張れユヴェントス!頑張れスカパー!

と思っていたら、開始早々から相手3TOPに押し込まれ何度もピンチ!
ボヌッチのミスも絡んで、シュートを打たれますが、元ユヴェントスとユヴェントスからレンタルの選手のシュートは枠をとらえず。
しかし、17分にボリエッロが体の強さを見せつけ、最後はインモビーレ。
まさかのユヴェントス関連コンビに先制点を与えてしまう。

とにかく、この試合。
”ボールがつながらない、収まらない、拾えない”
敵の作戦
『ピルロにボールを与えない』
これが前半、はまってしまいました。
ピルロにマンマーク、マルキージオにもすぐにチェック。

これで、ユヴェントスのボール回しは完全に遮断。
あとは、マトリには自由にプレーさせる。
”ボールが収まらない、引き出せない、枠に飛ばない”
やはり、ヴチニッチの代役には厳しいかと。

CLを考えての温存。もしかしたら早速の捨てゲームかと思いました。
(後半スタート時に”メンバー交代なし”でしたし)
しかも、ボヌッチが前半終了間際にイエロー。
2枚目→退場・・・。
かと思いきや、先般の分はピルロに訂正。

後半に入っても、やはり主導権はジェノア。
しかし、51分のジョビンコ。左サイドからカットインからのシュート。
フレイのセーブ&ジャッケリーニの残念なプレーでゴールは逃しましたが、
ここで流れが変わると踏んだのか、ほとんど機能していなかったマトリ、デチェーリエに代えて
ヴチニッチ、アサモアを投入。(本当なら温存したかったのでしょうが、苦肉の策でしょう)

これが功を奏して、同点、逆転ゴールが生まれます。
やはり、ヴチニッチのタメの作り方、落ち着きはユヴェントスにゴールを、ピルロに時間を与えますね。明らかにヴチニッチ、アサモアが入ってリズムが変わりました。
(もちろん、同点ゴールの数十秒前のブッフォンビッグセーブも見逃せませんが)
それにしても、同点ゴールのジャッケリーニ。
ジョビンコのシュートのこぼれ球より難易度が高い方のシュートを決めるとは。

ちょっとした見どころだったのは、アサモアが得たPKを誰が蹴るのか。
ジョビンコも蹴ろうと主張はしたのですが、結果はヴチニッチ。
今のところ、
PK:ビダル→ヴチニッチ→??
CK、FK:ピルロ→??

といった序列ですね。
頑張れジョビンコ!未来のエースになる日のために!

ピルロへのマンマークでボールが回らない、引き出す動きもない、そんな中で奪われた先制点。
本当に久しぶりの負けを覚悟しましたが、結果だけ見れば途中出場のヴチニッチ、アサモアの活躍で逆転勝利。
しかし、レギュラーと控えの差がはっきりと表れてしまい、CLとの過密日程を戦うチームとしては不安の残るゲームとなりました。

それにしても柱谷。
ピルロをデルピエロと何度も言い間違える。
僕もデルピエロがピッチにいるかと勘違い
しませんよね。

シドニーに旅立ったデルピエロ。
Buona fortuna!


Lega Serie A 第3節
Genoa 1 1-0 3 Juventus
0-3
インモビーレ 18′
61′
78′
84′

ジャッケリーニ
ヴチニッチ
アサモア



⇒ 目指せ!ビッグイヤー☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】コンテの罪はイタリアを超える


どうやら、コンテのベンチ入り禁止はCLまでにも及ぶそうです。
水曜日開幕のCLリーグ、チェルシー戦もコンテは不在。
信憑性のないタレコミで、わがユヴェントスの指揮官不在はまだまだ続きそうです。
本当に10カ月のベンチ入り禁止なんてバカな判決が確定したら恐ろしいことです。
まずは、カッレーラ代行監督の手腕を信じましょう!
☆☆☆コンテの無罪、早く確定しますように☆☆☆




⇒ アウェーのチェルシー戦からビッグイヤーへの道のりはスタート!

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

数的優位を生かして2連勝!ジョビンコも待望の初得点【2012-13 Lega Serie A 第2節 Udinese vs Juventus】 


開幕戦に出場しなかった、ブッフォン、キエッリーニもスタメンに復帰。
アウェーに乗り込んでウディネーゼとの対戦。
しかし、ウディネーゼやパレルモとの試合はいつも緊張します。
特にウディネーゼには、ディナターレがいて、常にゴールを狙われているイメージ。

今日の試合も、開始直後から積極的に攻め合い、好ゲームの予感。
(ディナターレが目立っていたら、もしかしたら先に失点していたかもしれません)

5分のリヒトシュタイナー。彼らしい飛び出しにピルロがピンポイントパス。
あいかわらず見事でしたが、決めきれず・・・。ループでなく、ズドンの方が良かった気がしますね。

13分のワンプレーでこの試合は決まってしまいました。
またもピルロのエリア内へのパスに走りこむジョビンコ。
相手キーパーが上から乗ってしまう形で倒し、PK献上&一発退場。
今年のPKキッカーはビダル?開幕戦では外しましたが、今日はゴール!

数的優位を生かして攻めるユヴェントス。
2点目は新加入のアサモアが左サイドを突破し、ヴチニッチが流し込む。
アサモアはすでにフィットしてますね。左ワイドに食い込むとは。
てっきり、中盤のバックアップだとばかり思っていました。

3、4点目はジョビンコ。
本人としても、チームとしても、ファンとしても待望のゴールでしょう。
得点を挙げたのは見事でしたが、ヴチニッチのヒールパスからのシュート。
枠外へ外してしまったシーンですが、せめて枠に飛ばして欲しかった。
求めるレベルは高いですよ。なんせ、デルピエロの後継者と目される選手ですから。

試合自体は前半の退場で決まったも同然。
ディナターレも完全に封じました。
決めてほしい選手がしっかりと決めました。
ただ、最後の失点は余計でしたが。

この試合で一番のお気に入りのプレーはマルキージオのプレー。
中央からビダルのパスを受けるマルキージオ。
この時、右足アウトで浮かしてトラップ→左足ボレー。
残念ながらゴールにはなりませんでしたが、思わず
”おっしゃれ~”
と叫んでしまいました。

個人的には、昨年のアウェーユニ(ピンク)をまた見られて嬉しかったデス。
今年のアウェーユニは黒だったので、意表を突かれました。
また見る機会あるのかな~。

期待?のベントナーはオーバーウェイトとのこと。
登場はいつになることやら。



Lega Serie A 第2節
Udinese 1 0-2 4 Juventus
1-2




ラッツァーリ
14′
45’+1
53′
71′
78′
ビダル
ヴチニッチ
ジョビンコ
ジョビンコ



⇒ 今年の軸もヴチニッチ?☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】デルピエロの新天地決定!


元ユヴェントス、デルピエロの新天地はオーストラリアのシドニーFCに決定。
本当に様々なチームが浮かんでは消え、浮かんでは消えていきました。
が、最終的にはシドニーFC
なお、新天地でもNo10だそうです。

推定されている年俸だけで考えると、Jリーグのチームでも払えそうな金額だったので、それ以外の何かが決め手だったのでしょうね。
残念ながら、”サンフレッチェ広島”入りはありませんでしたか・・・。
→【Cosmic Base】デルピエロ、大人の事情で?

”シドニーFC”
これまで、あまり取り上げられることはありませんでしたが、今後は注目度が増しそうです。
まずは来年のACLに出場してほしいものです。

どこかで、テレビ中継あるのでしょうか。


⇒ 今年、シドニーFCはACL出場しておりません・・・。

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】我らがユヴェントスはグループE


と思ったのですが、スカパーで生中継はなかったようです。
【JUVENTUS News】我らがユヴェントスは第3ポット

さて、注目のグループ分けですが、我らがユヴェントスはグループE。
チェルシー、シャフタール・ドネツク、ノアシェランと予選を戦います。
”チェルシー”といえば、前回出場時に決勝トーナメントで敗れた相手。
しかも昨年の優勝チーム。胸を借りるつもりで、大胆に挑んでほしいですね。
”シャフタール・ドネツク”は近年、力をつけてきているウクライナのチーム。
ユヴェントスより上位のポットで、油断は禁物です。
”ノアシェラン”は川口能活が所属したこともあるチーム。おそらく初出場かと。
ここで確実に勝ち点を稼げるかがポイント?

久しぶりのCLの舞台。いよいよユヴェントスが本来いるべき舞台に戻ってきました。
楽しんでプレーして欲しいですね。

死のグループはグループDとなりました。
勝ち抜けるのはさて?


– グループA –
ポルト(ポルトガル)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
パリSG(フランス)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

– グループB –
アーセナル(イングランド)
シャルケ(ドイツ)
オリンピアコス(ギリシャ)
モンペリエ(フランス)

– グループC –
ミラン(イタリア)
ゼニト(ロシア)
アンデルレヒト(ベルギー)
マラガ(スペイン)

– グループD –
レアル・マドリード(スペイン)
マンチェスター・シティー(イングランド)
アヤックス(オランダ)
ドルトムント(ドイツ)

– グループE –
チェルシー(イングランド)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
ユヴェントス(イタリア)
ノアシェラン(デンマーク)

– グループF –
バイエルン(ドイツ)
バレンシア(スペイン)
リール(フランス)
BATEボリソフ(ベラルーシ)

– グループG –
バルセロナ(スペイン)
ベンフィカ(ポルトガル)
スパルタク・モスクワ(ロシア)
セルティック(スコットランド)

– グループH –
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ブラガ(スペイン)
ガラタサライ(トルコ)
CFRクルージュ(ルーマニア)



⇒ まずは謙虚にトーナメント進出を☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】最後のピースがベントナー・・・。


ちょっとがっかりなニュースでした。

夏のメルカート最終日。
なかなか決まらない最後のピース。
ワールドクラスのCF。CLを戦う上で絶対に欠かせない新戦力。
本当に色々な候補者が現れましたが、ある者は別のチームを、ある者は残留を選択。
そして最後に残ったのはベントナーでした。

彼が取り上げられ、日本でも有名になったのは南アフリカW杯でデンマーク代表として日本と戦ったので。
その時は、得点力のあるCFとして、盛んに取り上げられていました。
実際には、そこまで怖い選手という気はしませんでしたが。

アーセナルでも、アンリやマルチェロ・リッピが賞賛している実力の片鱗を見せることはできないまま。
それ以上に、プライベート面での話題が豊富といった印象。

24歳という年齢と、周囲の評価に期待するとしますか。
スペック自体は決して悪くはないはずです。
覚醒して、安い買い物だったといえるシーズンオフになりますように☆



bendtner

絶好機を外してこの表情はご勘弁を・・・。




⇒ ちょっとがっかりなメルカートでしたね

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

【JUVENTUS News】我らがユヴェントスは第3ポット


セリエの優勝チームが第3ポットですか。
過去5シーズンの欧州カップでの成績なので、しょうがないですね。

注目の組み合わせ抽選は『日本時間31日1時45分』
確かスカパーで生中継があったはずです。

レアルと同グループになる気がします。ただなんとなくですが。
前回出場時、敵地サンティアゴ・ベルナベウ。
デルピエロに向けられたスタンディングオベーション。
忘れられません☆

グループ分けから楽しみですね。
目指せ、ビッグイヤー!


– 第1ポット –
チェルシー(イングランド)
バルセロナ(スペイン)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
バイエルン(ドイツ)
レアル・マドリード(スペイン)
アーセナル(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
ACミラン(イタリア)

– 第2ポット –
バレンシア(スペイン)
ベンフィカ(ポルトガル)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
ゼニト(ロシア)
シャルケ(ドイツ)
マンチェスター・シティ(イングランド)
ブラガ(ポルトガル)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)

– 第3ポット –
オリンピアコス(ギリシャ)
アヤックス(オランダ)
アンデルレヒト(ベルギー)
ユベントス(イタリア)
スパルタク・モスクワ(ロシア)
パリ・サンジェルマン(フランス)
リール(フランス)
ガラタサライ(トルコ)

– 第4ポッド –
セルティック(スコットランド)
ドルトムント(ドイツ)
パテ・ボリソフ(ベラルーシ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
CFRクルージュ(ルーマニア)
マラガ(スペイン)
モンペリエ(フランス)
ノアシェラン(デンマーク)



⇒ イタリアからは2か国。ランキングはなかなか上昇しませんね・・・。

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

期待と嬉しさと物悲しさが入り混じった開幕戦。CL制覇との2冠への順調な第1歩【2012-13 Lega Serie A 第1節 Juventus vs Parma】 


闘将コンテの元、昨シーズン無敗優勝を飾り、見事に復活を遂げたユベントス。
いよいよ新シーズンの始まりです。

が、どこか物悲しい雰囲気も漂うユヴェントス。
それもそのはず。闘将コンテは八百長告発義務違反という不可解な罪でベンチ入りせず。
(もちろん、逆転無罪を信じています)
それに加えて、ブッフォンが負傷欠場、キエッリーニが負傷のためベンチスタート。なにより、昨シーズンまで、間違いなくチームの顔だったNo10デルピエロが退団。今シーズンの10番は空席です。

昨シーズンと同じカードとなった開幕戦。
注目のFWはヴチニッチとレンタルバックのジョビンコ。MFは不動の3人。ピルロ、マルキージオ、ビダル。
ワイドの位置にリヒトシュタイナーと新加入のアサモア。
負傷者続出のDFはバルザーリとボヌッチ、キエッリーニの代役をマッローネが務める。
GKはストラーリといった布陣。

序盤から試合を支配するも、最後の詰めが甘く得点には至らないユヴェントス。
しかし、思わぬ形で先制点のチャンスが。
34分にリヒトシュタイナーがエリア内で倒されPKを獲得。
オープニングゴールかと思いきや、ビダルがまさかのPK失敗。
先制点のチャンスを逃す。

そのままスコアレスのまま後半へ突入。
後半に入ってもユヴェントスが試合を支配。
ヴチニッチやマルキージオがゴールを脅かすなど、徐々に得点の匂いが漂い始める。
55分に待望の先制点。
左ワイドのアサモアがグラウンダーのクロス。飛び込んだのは、逆サイドのワイドからリヒトシュタイナー。
見事に先制点を奪う。
昨シーズンもオープニングゴールを奪ったリヒトシュタイナー。今シーズンも精力的な動きで攻守に大活躍の予感。

58分にはピルロのFKで追加点。(これは、神様からの贈り物と捉えましょう。いつかきっと、逆の場面が訪れるのでしょうから)

終盤のパルマの反撃をしのぎ切り、昨シーズンと同じカードを、同じ得点者で勝利した。
今年も中盤は盤石でしょう。ビダルがPKを外すとは思いませんでしたが。
FWで得点が奪えないのは、もはや想定内。
負傷者続出のDFはいざとなったら、ビダルがなんとかこなせるのでそこまでの不安感はないかと。
いや、やはり不安ですね。

新加入選手についてですが、アサモアは完全にフィットした様子。
嬉しい誤算なのか、中盤のバックアップからと思っていたが、左ワイドにフィットするとは。
中央の選手とは思えない突破とクロスの鋭さ。
ジャッケリーニ、デチェーリエを押しのけ、エステガリビアを完全移籍させなかったのも納得の大活躍。
逆にがっかりだったのは、やはりジョビンコ。
期待も大きかっただけに、失望も大きかった。ほぼ輝けず。デルピエロの後継者への道はまだまだ遠い様子。古巣相手に躍動してほしかった。

しかし、ベンチメンバーが多いこと多いこと。
地味ながら的確な補強に成功しているので、ベンチ入りも一苦労ですね。
不動の右サイド、ペペも危うい?早めの復帰を望みます。
ベンチメンバーの多さに紛れて、デルピエロの電撃復帰はないですか?
(ピルロの髭にはあえて触れません・・・。)


Lega Serie A 第1節
Juventus 2 0-0 0 Parma
2-0
リヒトシュタイナー
ピルロ
54′
58′



⇒ 上々のスタート。負傷者がなければ今年も☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ