お〜風呂んターレ〜 ☆5度目の正直でナビスコを制す☆☆☆


スタートは相変わらずの受けの姿勢。だからこうなる。
5度目のファイナルも開始早々に先制され、2年前のセレッソ戦を思い出しました。
あの時は元フロンターレの杉本。開始1分以内にゴールを奪われ、結局90分攻め続けても追いつけず。

それでも今回は、阿部が奪った、フロンターレにとって、待望のファイナル初ゴールで同点。ようやく呪縛から解き放たれた。
アンパンマン小林が取って、ラストプレーにまさかの同点ゴールなど、取って取られて紆余曲折あって、また元フロンターレの福森のFK。蹴る前から、ゴールシーンが描けるとはこのこと。
今年もダメかと思いましたが、アンパンマン小林が同点ゴール。
PKに入り、車屋のバー直撃でやっぱりダメかと思いましたが、GK新井がまさか、まさか2本止めるとは。MVP獲得!
(個人的には、決定機をいくつも作り出したパスに、いつも通りのボールキープ、そして何より、”らしくない”懸命のディフェンスを見せた家長がMVPです!)

審判の判定が酷かったという声も多いようですが、谷口の退場のおかげで守りに入ったコンサドーレと攻めるしかなくなったフロンターレ。よく10人で追いついた。
しかし、期待の脇坂がよく外した。2本のうち、1本決めてればもっと楽な試合展開だったでしょう。まあ、これも経験です。
あとは、いつものことですが、ダミアン生かせず?でもなかったですかね。少ないながらも、絶好のチャンスを生かせなかったのは残念でした。おそらく、来年は別のチームのユニを纏っているでしょう。

キックオフからスリリングな展開の決勝戦。サッカーの怖さを改めて思い知った試合でした。

なにはともあれ、ナビスコ初制覇。ルヴァンではなく、あえてナビスコといいたい。それくらいナビスコ優勝は近くて遠かった。
それはそうと、民放では表彰式の放送はありませんでした。延長PKだったから単純に尺が足りなかったのか、それとも「昔々あるところにそれはそれは乱暴なサッカー選手どもがいて、まさかの準優勝に終わり、準優勝メダルを首にかけなかったり、悪態をつきまくった姿がテレビで放送され、大問題になった」からなのか。
そういえば、あの時は準優勝賞金の半分は寄付?返還?した記憶が。

これでリーグ戦にも、まさかの逆転優勝に向けて希望の光が差してくる?
ことを願っています。


※あれから10年。原因はこことの試合でした。懐かしい。

移籍リストも今は昔。ディバラの2ゴールでなんとか勝利!【2019-20 UEFA Champions League GroupStage 第3節 Juventus vs Lokomotiv Moscow】


19-20_cl_groupstage-03_juve-lokomotiv_moscow Special thanks : mundoalbiceleste.com

ホームにロコモティフ・モスクワを迎えてのグループリーグ3戦目。
この試合、開始早々のチャンスを得点に結び付けられず、逆にGKからの縦一本でまさかの失点。これは両サイドバックの対応が酷かった。のもですが、デリフトの競り負けが残念。

前半から圧倒的にボールを支配し、攻め続けるも、なかなか得点に至らず。ビハインドで後半突入、たまらずサッリ。早々にイグアインを投入し、未だテスト段階であろう3トップへ移行。ボールを支配し攻め続けられると考えたのか、リスクを冒しでもしないとゴールが奪えないと踏んだか。
攻め続けるユヴェントス。その甲斐あって、ようやく77分、ディバラの左足から放たれた、巻いたシュートで見事に同点。
さらに、左サイドのサンドロ攻撃参加からのシュートのこぼれを再びディバラが押し込み、ついに勝ち越し。
まさにディバラさまさま。そんなディバラを移籍リストに載せていたフロント陣は要反省ですね。

何はともあれ、落とせないホームでの試合でなんとか勝ち点3を積み上げました。

さて、今年の売りは、クアドラードの右サイドバック。
もともとウイングですから、縦への突破の破壊力は物凄い。しかも、クロスだけに限らずカットインから中央突破も脅威です。
それと引き換えに、ディフェンス時の軽さ・脆さは致し方ないですが。
それでもボールを握り倒して攻め続ける、美しいサッカーを標榜するサッリのサッカーでいくと、右サイドのクアドラードと左サイドのサンドロはファーストチョイスでしょう。

2019-20 UEFA Champions League
GroupStage 第3節
Juventus
logo_juve
2 0-1 1 Lokomotiv Moscow
logo_lokomotiv-moscow
2-0

ディバラ
ディバラ
30′
77′
79′
ミランチュク
16
7
SHOTS
ON GOAL
5
3
78% BALL Possession 22%

  • サッリがロコモティフ・モスクワ戦の苦戦を認めるも…ロナウド・ディバラ・イグアイン同時起用に手応え
  • 【2019-20 Lega Serie A 第6節 試合結果】


    Juventus Stadium — Torino
    Juventus
    logo_juve
    2 1-0 0 SPAL
    logo_empoli
    1-0
    ピャニッチ
    ロナウド
    45′
    78′

    Stadio Comunale Luigi Ferraris — Genova
    Sampdoria
    logo_samp
    1 0-2 3 Intel
    logo_napoli
    1-1


    ヤクブ
    20′
    22′
    55′
    61′
    センシ
    サンチェス

    ガリアルディーニ



    Mapei Stadium – Città del Tricolore — Sassuolo
    Sassuolo
    logo_sassuolo
    1 0-4 4 Atalanta
    logo_ata
    1-0




    デフレル
    6′
    13′
    29′
    35′
    62′
    アレハンドロ ゴメス
    ゴセンス
    アレハンドロ ゴメス
    サパタ



    Stadio San Paolo — Napoli
    Napoli
    logo_napoli
    2 2-0 1 Brescia
    logo_brescia
    0-1
    メルテンス
    マノラス
    13′
    45’+4
    67′


    バロテッリ



    Dacia Arena — Udine
    Udinese
    logo_udine
    1 1-0 0 Bologna
    logo_bologna
    0-0
    オカカ 27′



    Stadio Olimpico — Roma
    Lazio
    logo_lazio
    4 2-0 0 Genoa
    logo_genoa
    2-0
    サヴィッチ
    ラドゥ
    カイセド
    インモービレ
    7′
    40′
    59′
    78′


    Stadio Via del Mare — Lecce
    Lecce
    logo_lecce
    0 0-0 1 Roma
    logo_roma
    0-1
    56′ ジェコ

    Sardegna Arena — Cagliari
    Cagliari
    logo_cagliari
    1 1-0 1 Verona
    logo_cagliari
    0-1
    ルーカス カストロ 29′
    66′

    マルコ ファラオーニ



    Stadio Giuseppe Meazza — Milano
    Miran
    logo_miran
    1 0-1 3 Fiorentina
    logo_viola
    1-2



    ラファエル レオン
    14′
    66′
    78′
    80′
    プルガル
    カストロヴィッリ
    リベリ



    Stadio Ennio Tardini — Parma
    Parma
    logo_parma
    3 2-2 2 Torino
    logo_torino
    1-0
    クルゼフスキ


    コーネリウス
    イングレーゼ
    2′
    12′
    43′
    45’+3
    88′

    アンサルディ
    ベロッティ

    ⇒ セリエA第6節の結果☆☆☆

    にほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

    せっかく鹿島が足踏みしてくれたのに


    残留ラインぎりぎりのガンバ大阪に勝ち切れず。
    せっかく鹿島アントラーズが足踏みしてくれたのに、せっかく勝ち点差を縮めるチャンスだったのに。

    今年何度目でしょうか、だらだら攻撃にゆるゆる守備。
    レアンドロダミアンが何度もボールを要求するも、外でパスをつなぐのみでボールは出ず。これではダミアンかわいそう。
    スタメンにレアンドロダミアンを使うなら、サイドを崩しての、崩し切れなくてもシンプルなセンタリングでいいのに、バックパスにこねくり回してのボールロストからチャンスを逃す。
    案の定、得点シーンもシンプルにレアンドロダミアンへ合わせたもの。預ければ、技術で何とかしてくれるし、エリア外でこねくり回すよりもよっぽどチャンスにつながる。

    もともとですが、最近特に気になる、中村憲剛のシュート意識の低さ。こねくり回しすぎ。パスで逃げすぎ。
    脇坂のシンプルな球さばきに、積極的なシュートの意識の方が必要な気がします。

    「自分たちのサッカー」
    こねくり回して、相手より何となく保持率が高く、無駄パスのおかげで数字上多くなって自己満足するのが自分たちのサッカー?
    「自分たちのサッカーができなかったから、勝てなかった」ではなく、自分たちのサッカーが通用しなかった、相手より弱かったという事でしょう。サッカーは相手がいるスポーツ。相手も「自分たちのサッカー」をさせないように研究してくるのです。

    「自分たちのサッカー」
    僕はこの言葉、大嫌いです。常勝鹿島アントラーズはこんな言葉使わない気がします。「鹿島はタイトルを取らないといけない、勝たなくてはいけない」というのはよく聞きます。強いていうなら、「その時最善のプレー、勝利につながるプレーを選択する」というのが鹿島のサッカーでしょうね。あとは、ジーコ直伝の勝者のメンタリティー。
    残念ながら川崎フロンターレはまだまだ常勝軍団ではない。

    鹿島との差を詰められず、ドローで終戦。3位確保も厳しくなりました。
    これで川崎フロンターレに関する唯一の楽しみは、来週のルヴァンカップ決勝、コンサドーレ札幌戦のみ。
    なんとか勝って、タイトル確保!(5度目の挑戦。なんとか初のカップ戦タイトルを)

    ※ガンバのスタメンから遠藤保仁の文字が消えていると寂しいですね・・・。まさか最後までベンチに座ったままとは。
    契約は延長の方向だそうですが、やはりゲームに出てのヤットです。

    Book Review 【なぜボランチはムダなパスを出すのか?】

    東京ヤクルトスワローズ 第1回選択希望選手 奥川恭伸 投手 星稜高校


    奥川 恭伸 投手 星稜高校



    でいくのか


    森下 暢仁 投手 明治大学



    でいくのか
    はたまた、たまにある”とんでもない指名”となるか。

    個人的には令和の怪物は回避だろうと踏んでいました。
    そんな夢のような選手にかける余裕はありません。
    我がスワローズには。

    とても楽しみしていたドラフト会議2019。
    投手陣崩壊で最下位となった今シーズン。
    ドラフト指名は投手中心となるのは間違いなく、願わくば競合覚悟の有力選手指名。あとは高津新監督のくじ運次第。

    注目の指名は
    ”奥川 恭伸 投手 星稜高校”
    阪神、巨人との抽選となりました。

    今更ですが、前日から、なんとなく高津は引く気がしていました。
    今ならなんとでも言えますが、本当に引ける気がしていました。
    森下 暢仁なら・・・。

    仕事中でしたので、祈るような気持ちで、”F5””F5””F5””F5””F5””F5”
    見事に阪神、巨人との争いを制し、交渉権ゲット!
    虎党の友人に即内線電話。「いただきました」

    対する阪神は、甲子園出場組のオンパレード。
    ある意味、令和の怪物以上にかけるよりも夢を追い続けた指名。
    履正社井上くん2位指名。虎は応援しませんが、井上くんは応援します!
    だって履正社だもん。

    という事で、順調な滑りだしの燕軍団。2位指名もウェーバー1巡目を生かして即戦力の大卒投手。
    もちろん、吉田 大喜もいい投手ですが、個人的には、

    佐藤 都志也 東洋大 捕


    にいって欲しかった。何と言っても名前がいい!のではなくて、打撃が素晴らしい!ではなくて、やっぱり名前かな〜。
    でも雰囲気のある、スマートな、ヤクルトに合う選手な気がしたのです。ただそれだけということにしておきます。

    さて、結果的には高津監督の「投手を重点的に」の希望通り、即戦力投手を4名、将来に期待の高卒野手を2名。
    近年稀に見る、今のところ100点満点のドラフト会議だったのではないでしょうか。

    ところで、中日の与田監督。
    昨年の根尾選手に続き、2年連続の当たりくじ。これは、もしかして現役時代ストッパーだった監督は当たりくじ引きます?
    ということは、来年も高津監督の右腕に期待!


    未来のヤクルトスワローズを背負うのはあなた達です!!!

    2019年東京ヤクルトスワローズ ドラフト指名選手
    1位 奥川 恭伸 星稜高     投
    2位 吉田 大喜 日本体育大   投
    3位 杉山 晃基 創価大     投
    4位 大西 広樹 大阪商業大   投
    5位 長岡 秀樹 八千代松陰高  内
    6位 武岡 龍世 八戸学院光星高 内


    Pincipinoよ永遠に



    元ユヴェントス、元イタリア代表のマルキージオが引退を発表。

    昨年ユヴェントスを退団し、ゼニトでプレーしていたが、やはり膝の故障の影響は大きかったようです。

    ゼニト退団以降も、アメリカやJリーグへの移籍も噂されていただけに、blackjamとしては衝撃的なニュースでした。

    (3日にユヴェントスのホームグラウンドで引退会見を行う予定とのことでしたが、続報はありません。)

    あのパレルモ戦での大ケガさえなければ、デルピエロ→ブッフォンと受け継がれたキャプテンマークを腕に巻き、ユヴェントスの中盤で輝きのプレーを見せることはもちろん、ロナウドとのイケメンコンビでユヴェントスのブランドイメージ向上にも寄与できたでしょうに。

    まさか、33歳でスパイクを脱ぐことになるとは。



    「僕はフットボール選手になることを夢見る子供に約束した。驚くほどの夢を叶えるまでプレーを続けるとね。数カ月間、僕の気持ちやハートは複雑な感情を通り越して、これ以上この約束を果たせないと理解した。これが正しいことだと感じる時になったから、今、止めようと思う」
    「この決断に後悔はないし、将来を考えるように教えてくれた家族のおかげでもある。だから、この夢にありがとうと言いたい。君たちは僕に勇気、強さ、成功、何よりも喜びを与えてくれた」


    王子様よ、あなたのプレーは忘れません・・・。

    WordPressの新規投稿画面が真っ白になった場合の対処方法


    実に久しぶりの投稿。

    永らくWindowsPCの購入を見送り、Vistaを使う気も起きず。
    手に入れたiPadでメールチェックにサイト閲覧のみの日々。
    ようやく一念発起で購入したのです。
    初のリンゴPCを。

    ということで、Juventusにロナウド加入後、初めての投稿をしようとしたのですが、、、

    なんと新規投稿画面が真っ白・・・。
    まさかリンゴの製品はWordpressの更新はできない?
    なんて、事はなかろう。久しぶりにプラグインを更新したのでそれが影響したのかと。


    まずは全てのプラグインを停止!
    改めて「新規追加」!

    すると、表示されました。
    懐かしの「新規投稿を追加」画面。

    という事は、やはり原因はプラグイン。

    全てを有効化し、順番に上から無効に。
    一発回答。原因はお前か
    ”AddQuicktag”

    という事で、無事に久しぶりの記事を書けました♪

    以上、誰かの役に立ちますように・・・。
    か、ただの忘備録?

    【2016-17 Lega Serie A 第13節 試合結果】


    Stadio Carlo Castellani — Empoli
    Empoli
    logo_empoli
    1 1-1 4 Miran
    logo_miran
    0-3

    サポナラ
    15′
    17′
    61′
    64′
    77′
    ラパドゥーラ

    スソ
    OwnGoal
    ラパドゥーラ



    Stadio Sant’Elia — Cagliari
    Cagliari
    logo_cagliari
    2 1-0 1 Udinese
    logo_udinese
    1-1
    ファリアス

    サウ
    35′
    51′
    58′

    フォファナ


    Stadio Renato Dall’Ara — Bologna
    Crotone
    logo_crotone
    1 1-0 1 Sampdoria
    logo_sampdoria
    0-1
    ファルチネッリ 43′
    71′

    フェルナンデス



    Stadio Comunale Luigi Ferraris — Genova
    Genoa
    logo_genoa
    3 3-0 1 Juventus
    logo_juve
    0-1
    シメオネ
    シメオネ
    OwnGoal
    3′
    13′
    29′
    82′



    ピャニッチ


    Stadio Olimpico di Torino — Torino
    Torino
    logo_torino
    2 2-0 1 Chievo
    logo_chievo
    0-1
    ファルケ
    ファルケ
    35′
    38′
    85′


    イングレーゼ


    Stadio Renzo Barbera — Palermo
    Palermo
    logo_udinese
    0 0-1 1 Lazio
    logo_lazio
    0-0
    31′ サビッチ


    Stadio Renato Dall’Ara — Bologna
    Bologna
    logo_bologna
    0 0-1 2 Atalanta
    logo_atalanta
    0-1
    15′
    68′
    マシエッロ
    クルティック

    Stadio Olimpico — Roma
    Roma
    logo_roma
    3 2-0 2 Pescara
    logo_pescara
    1-2
    ジェコ
    ジェコ

    ペロッティ
    7′
    10′
    60′
    71′
    74′


    メムシャイ

    カプラーリ


    Stadio Giuseppe Meazza — Milano
    Intel
    logo_intel
    4 3-1 2 Fiorentina
    logo_viola
    1-1
    ブロゾビッチ
    カンドレーヴァ
    イカルディ


    イカルディ
    3′
    9′
    19′
    37′
    62′
    90’+



    カリニッチ
    イリチッチ


    Stadio San Paolo — Napoli
    Napoli
    logo_napoli
    1 1-0 1 Sassuolo
    logo_sassuolo
    0-1
    インシーニェ 42′
    82′

    デフレイ

    ⇒ セリエA第13節の結果☆☆☆

    blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

    【2016-17 Lega Serie A 第12節 試合結果】


    Stadio Marc’Antonio Bentegodi — Verona
    Chievo
    logo_chievo
    1 0-0 0 Cagliari
    logo_cagliari
    1-0
    ゴッビ 53′


    Stadio Atleti Azzurri d’Italia — Bergamo
    Atalanta
    logo_atalanta
    2 0-1 1 Roma
    logo_roma
    2-0

    カルダーラ
    ケシエ
    40′
    62′
    90′
    ペロッティ



    Stadio Communale Friuli — Udine
    Udinese
    logo_udinese
    1 0-0 2 Napoli
    logo_napoli
    1-2


    ペリカ
    47′
    57′
    59′
    インシーニェ
    インシーニェ


    Stadio Carlo Castellani — Empoli
    Empoli
    logo_empoli
    0 0-1 4 Fiorentina
    logo_viola
    0-3
    26’
    47′
    61′
    67′
    ベルナルデッシ
    イリチッチ
    ベルナルデッシ
    イリチッチ


    Stadio Ezio Scida — Crotone
    Crotone
    logo_crotone
    0 0-0 2 Torino
    logo_torino
    0-2
    80′
    89′
    ベロッティ
    ベロッティ


    Stadio Comunale Luigi Ferraris — Genova
    Sampdoria
    logo_sampdoria
    3 0-0 2 Sassuolo
    logo_sassuolo
    3-2


    クアリャレッラ
    ムリエル
    ムリエル
    64′
    74′
    84′
    85′
    90’+
    リッチ
    ラグサ


    Stadio Renato Dall’Ara — Bologna
    Bologna
    logo_bologna
    3 1-1 1 Palermo
    logo_udinese
    2-0

    デストロ
    ジェマイリ
    ヴィヴィアーニ
    9′
    20′
    67′
    72′
    ネストロフスキー


    Juventus Stadium — Torino
    Juventus
    logo_juve
    3 1-0 0 Pescara
    logo_pescara
    2-0
    ケディラ
    マンジュキッチ
    エルナネス
    36′
    63′
    69′


    Stadio Olimpico — Roma
    Lazio
    logo_lazio
    3 1-0 1 Genoa
    logo_genoa
    2-1
    アンダーソン

    ビリア
    ウォーレス
    11′
    52′
    57′
    65′

    オカムポス

    Stadio Giuseppe Meazza — Milano
    Miran
    logo_miran
    2 1-0 2 Intel
    logo_intel
    1-2
    スソ

    スソ
    42′
    53′
    58′
    90’+

    カンドレーヴァ

    ペリシッチ

    ⇒ セリエA第12節の結果☆☆☆

    blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

    精度【2016-17 Lega Serie A 第12節 Chievo vs Juventus】


    CLリヨン戦はドロー。
    この試合は疲労を考慮してのスタメン。マルキージオ、ボヌッチはベンチスタート。
    なるべくなら使いたくなかったボヌッチですが、まさかのバルザーリ負傷で開始2分でカードを切ることに。

    ボールが落ち着かず、グラウンドと同じように荒れた試合。
    ようやく奪えた先制点は、散々チャンスを外し続けたマンジュキッチ。
    これで波に乗れるかと思いきや、63分に大ピンチ。ブッフォンの神セーブでしのぐも、直後にリヒトシュタイナーがPK献上で同点に。

    キエーヴォの中盤省略の大味サッカーにお付き合いのユヴェントス。
    なんとなく漂うドロー臭を払しょくしたのはピアニッチ。
    まさかここで決めてくれないよな~と思うと、決めてくれる雰囲気を醸し出すピアニッチ。まさにゴールへの優しいパス。

    3点目を奪うチャンスはあったのに、ストゥラーロ、クアドラードが決めきれず。外す方が難しいように思えましたが、大事に至らず一安心。それにしても、クアドラード。とんでもない高難度のシュートは決めるが、外す方が難しい低難度のシュートをあっさり外すという、往年のクライファートを彷彿。

    ロスタイムにピアニッチの見せ場再び。これも枠をとらえるも、今度はソレンティーノがビッグセーブでお返し。
    最後の最後にキエーヴォが思わぬ反撃を見せ、ヒヤヒヤものの勝利。要所に見られた連戦の疲れ。それでも光るピアニッチのキックの精度。




    2016-17 Lega Serie A 第12節
    Chievo
    logo_chievo
    1 0-0 2 Juventus
    logo_juve
    1-2

    ペリシエ
    53′
    66′
    75′
    マンジュキッチ

    ピアニッチ
    7
    2
    SHOTS
    ON GOAL
    14
    6
    19:22 BALL Possession 28:27



    ⇒ つかまれても倒れないイグアイン☆☆☆

    blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ