【Master’s Talk】「Cocktail」はなぜ「Cocktail」というのか

       

「Cocktail」はなぜ「Cocktail」と呼ばれるか知っていますか?
実は「Cocktail」の語源にはいろいろな説があって、1つには決まってはいません。
そこで、有名な説を2つご紹介!



起源はニューオーリンズ?

まず、アメリカのニューオーリンズに起源を発するという説があります。
この説によると、1795年、西インド諸島のセントアミンゴで反乱が起こったとき、
ニューオーリンズのフランス系薬種商が、
ラムをベースとしたエッグ・ブランデーを売り出したとのこと。
それが、ニューオーリンズのフランス系移民に好評で
フランス語で「コクチェー」と呼んで お買い求めに。
それがなまって「Cocktail」と呼ばれるようになりましたという説。



それともメキシコ??

「Cocktail」はメキシコから始まったという説もあります。
10世紀から約2世紀半もメキシコを支配していたトルテック族のある貴族が、
珍しい混成酒を発明。
これに、彼の娘「コキトル」という名をつけて、国王に差し上げた。
たいそう美人で評判だった「コキトル」という名前に気を引かれ、
国王は大変満足して、この混成酒を飲んだ。
このときの「コキトル」が、のちになまって「Cocktail」になったという説。



他にも様々な説があります。興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか?





⇒ あなたの応援が明日の記事を作ります。ぜひクリックを☆

blogramのブログランキング


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。