お〜風呂んターレ〜 ☆5度目の正直でナビスコを制す☆☆☆

       

スタートは相変わらずの受けの姿勢。だからこうなる。
5度目のファイナルも開始早々に先制され、2年前のセレッソ戦を思い出しました。
あの時は元フロンターレの杉本。開始1分以内にゴールを奪われ、結局90分攻め続けても追いつけず。

それでも今回は、阿部が奪った、フロンターレにとって、待望のファイナル初ゴールで同点。ようやく呪縛から解き放たれた。
アンパンマン小林が取って、ラストプレーにまさかの同点ゴールなど、取って取られて紆余曲折あって、また元フロンターレの福森のFK。蹴る前から、ゴールシーンが描けるとはこのこと。
今年もダメかと思いましたが、アンパンマン小林が同点ゴール。
PKに入り、車屋のバー直撃でやっぱりダメかと思いましたが、GK新井がまさか、まさか2本止めるとは。MVP獲得!
(個人的には、決定機をいくつも作り出したパスに、いつも通りのボールキープ、そして何より、”らしくない”懸命のディフェンスを見せた家長がMVPです!)

審判の判定が酷かったという声も多いようですが、谷口の退場のおかげで守りに入ったコンサドーレと攻めるしかなくなったフロンターレ。よく10人で追いついた。
しかし、期待の脇坂がよく外した。2本のうち、1本決めてればもっと楽な試合展開だったでしょう。まあ、これも経験です。
あとは、いつものことですが、ダミアン生かせず?でもなかったですかね。少ないながらも、絶好のチャンスを生かせなかったのは残念でした。おそらく、来年は別のチームのユニを纏っているでしょう。

キックオフからスリリングな展開の決勝戦。サッカーの怖さを改めて思い知った試合でした。

なにはともあれ、ナビスコ初制覇。ルヴァンではなく、あえてナビスコといいたい。それくらいナビスコ優勝は近くて遠かった。
それはそうと、民放では表彰式の放送はありませんでした。延長PKだったから単純に尺が足りなかったのか、それとも「昔々あるところにそれはそれは乱暴なサッカー選手どもがいて、まさかの準優勝に終わり、準優勝メダルを首にかけなかったり、悪態をつきまくった姿がテレビで放送され、大問題になった」からなのか。
そういえば、あの時は準優勝賞金の半分は寄付?返還?した記憶が。

これでリーグ戦にも、まさかの逆転優勝に向けて希望の光が差してくる?
ことを願っています。


※あれから10年。原因はこことの試合でした。懐かしい。


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。