せっかく鹿島が足踏みしてくれたのに

       

残留ラインぎりぎりのガンバ大阪に勝ち切れず。
せっかく鹿島アントラーズが足踏みしてくれたのに、せっかく勝ち点差を縮めるチャンスだったのに。

今年何度目でしょうか、だらだら攻撃にゆるゆる守備。
レアンドロダミアンが何度もボールを要求するも、外でパスをつなぐのみでボールは出ず。これではダミアンかわいそう。
スタメンにレアンドロダミアンを使うなら、サイドを崩しての、崩し切れなくてもシンプルなセンタリングでいいのに、バックパスにこねくり回してのボールロストからチャンスを逃す。
案の定、得点シーンもシンプルにレアンドロダミアンへ合わせたもの。預ければ、技術で何とかしてくれるし、エリア外でこねくり回すよりもよっぽどチャンスにつながる。

もともとですが、最近特に気になる、中村憲剛のシュート意識の低さ。こねくり回しすぎ。パスで逃げすぎ。
脇坂のシンプルな球さばきに、積極的なシュートの意識の方が必要な気がします。

「自分たちのサッカー」
こねくり回して、相手より何となく保持率が高く、無駄パスのおかげで数字上多くなって自己満足するのが自分たちのサッカー?
「自分たちのサッカーができなかったから、勝てなかった」ではなく、自分たちのサッカーが通用しなかった、相手より弱かったという事でしょう。サッカーは相手がいるスポーツ。相手も「自分たちのサッカー」をさせないように研究してくるのです。

「自分たちのサッカー」
僕はこの言葉、大嫌いです。常勝鹿島アントラーズはこんな言葉使わない気がします。「鹿島はタイトルを取らないといけない、勝たなくてはいけない」というのはよく聞きます。強いていうなら、「その時最善のプレー、勝利につながるプレーを選択する」というのが鹿島のサッカーでしょうね。あとは、ジーコ直伝の勝者のメンタリティー。
残念ながら川崎フロンターレはまだまだ常勝軍団ではない。

鹿島との差を詰められず、ドローで終戦。3位確保も厳しくなりました。
これで川崎フロンターレに関する唯一の楽しみは、来週のルヴァンカップ決勝、コンサドーレ札幌戦のみ。
なんとか勝って、タイトル確保!(5度目の挑戦。なんとか初のカップ戦タイトルを)

※ガンバのスタメンから遠藤保仁の文字が消えていると寂しいですね・・・。まさか最後までベンチに座ったままとは。
契約は延長の方向だそうですが、やはりゲームに出てのヤットです。

Book Review 【なぜボランチはムダなパスを出すのか?】


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。