ナニ、ペロッティ…ユーヴェがさらにサイド強化?

       

ローマFWミルコ・ヴチニッチの獲得が目前に迫っているユヴェントスだが、クラブはさらなる前線強化を狙っているかもしれない。イタリアの複数メディアが報じたところによると、マンチェスター・ユナイテッドMFナニやセビージャMFディエゴ・ペロッティに関心を抱いているようだ。
4-2-4と呼ばれるフォーメーションを基本とするコンテ監督の要求を満たすべく、クラブは以前から左サイドの強化を図っていた。ヴチニッチもサイドアタッカーとしてこのポジションをこなすことができるが、ユーヴェはナニやペロッティを狙っているという。

ユナイテッドは今夏、アストン・ヴィラからMFアシュリー・ヤングを獲得しており、ナニが移籍する可能性もあるかもしれない。ただ、獲得には高額な移籍金が必要となる。それを受けてか、イタリア『トゥットスポルト』は、ユーヴェがバルセロナMFイブラヒム・アフェライのレンタル移籍での獲得を狙う可能性もあると伝えた。

一方、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、ユーヴェがD・ペロッティの獲得に再び動くと報じている。だが、セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は、同選手が売却不可能だと強調している。

by goal.com


ユーヴェ、FW多すぎません?
アマウリ、イヤクインタなど、まずは余剰戦力の処理が先かと。

ナニは魅力的ですね!
右サイドのクラシッチに左サイドのナニ。
それを決めるはデルピエロ
となることを期待しています。


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。