G・ロッシ獲得に悲観的なユヴェントス

       


ユヴェントスのベッペ・マロッタGM(ゼネラルマネジャー)は27日、以前から関心を抱いているビジャレアルFWジュゼッペ・ロッシの獲得に悲観的な見解を示した。

26日にMFサンティ・カソルラをマラガに放出したビジャレアルは、さらなる主力の放出に難色を示していると言われている。そのため、G・ロッシを残留させる意向のようだ。

マロッタGMはイタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、G・ロッシの獲得を諦めてはいないとしながらも、実現は難しいかもしれないとの見方をほのめかしている。

「我々はG・ロッシの獲得を試みる。だが直近になって、ビジャレアルに売りたくないとの考えが出てきたんだ。彼はイタリアサッカー界のタレントだ。ほかのチームと同じように、我々は彼に注目している」

G・ロッシの獲得が難しい場合、ユヴェントスはローマFWミルコ・ヴチニッチを代役に考えていると見られる。ローマからの移籍が濃厚と言われる同選手だが、代理人は先日、マンチェスター・ユナイテッドとコンタクトがあったことを明らかにしている。

by goal.com


やっぱり土壇場でロッシ獲得もうまくいかないんですかね。
一番の理想はアグエロだったんですが、シティーに決まりそうだし・・・。

ネイマール・アグエロ・ロッシ
誰かひとり獲得できれば補強は完了だと思ったんですが。

でも、何が起こるかわからないのがカルチョの世界。
移籍市場が閉じる8/31までは一喜一憂しながら楽しみましょう。


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。