【Master’s Talk】日本酒はなぜ冬に作られるのか

       

日本酒の多くは、冬に仕込まれます。11月から3月の間に仕込まれ「寒造り」と呼ばれますが、その習慣が始まったのはいつ頃からかご存知ですか?

原因は幕府の農業政策!

といっても、酒造りに天候の影響が計算されたのではありません。幕府が、米価安定のために寒造りをするように定めたのです。秋の穫り入れ後なら、豊作か凶作かに応じて、酒造りにまわす米の量も決められます。米不足になって、米価が高騰するのを防ぐのが目的だったのだそうです。しかし、それ以来、冬の間の仕込みが定着していきました。やがて、酒造りの労働を農閑期の季節労働に頼るようになり、現在も続いているのだそうです。冬に酒が造られるのは、幕府の農業政策のためだったのです。



江戸時代の人気ブランドは

ちなみに、江戸時代の人気ブランドは、初期が伊丹の「剣菱」や「男山」。中期になると、灘の人気が上がり、水車精米などの新技術でトップの座を奪いました。それにダメを押したのが、1840年の宮水の発見。ミネラル豊富な灘の水が、淡麗な酒を作り出し、宵越しの金をもたない江戸っ子たちを大いに酔わせたそうです。




⇒ あなたの応援が明日の記事を作ります。ぜひクリックを☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。