ハリキリBOYのハイハイ競争☆決勝大会その1

       

前日、まさかの予選通過を成し遂げたハリキリBOY。
1度レースを経験したことで場馴れして、もしかしたら決勝戦に?と淡い期待を持っての会場入り。

レースまで1時間ほど時間があったので、色々と作戦を練りました。


作戦その1:前日の反省を生かし、前もってスタート係の女性に抱っこさせて慣れさせる
     (実は幼馴染が係りだった!)
作戦その2:すぐに母親を探して泣き止むようにボールを転がして気を引く
作戦その3:ハリキリBOYと母親の距離を昨日より長くする


ちょっと離れてもすぐに見つけられれば泣き止むのでは?
あと、あまり近くでハリキリBOYを呼ぶと”なんで抱っこしてくれないの?”って感じで
泣いてるような気がしたので

この作戦でなんとか奇跡を・・・。
優勝インタビューも考えてきたのでお願いします。

そうこうしているうちに、レース時間が近づいてきました。
まずは作戦その1実行!
おっと!意外と好感触☆
抱っこさせても泣きだしません。☆得意の満面の笑み☆

これはいけるかなと思って、母親がゴール地点へ移動
   ・
まだ泣いてません
   ・
まだ大丈夫。早くスタートして・・・。
   ・
まだ大丈夫。早く、早くと思ってたら
   ・
やっぱり泣き出しました。☆得意の誰よりも大きな泣き声☆
そこでよーいドン!
(もう少し早くしてくれたら・・・)

次回へ続く⇒


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。