Essay 【川崎行きのチケット1つで】

       

川崎フロンターレが相馬監督の解任を発表した。
プロの世界。上層部の期待する結果が出ていないとしょうがないでしょう。
就任2年目の今年、開幕2連勝と数字上は好調なスタート。しかし、その後カップ戦を含めて5試合勝利から遠ざかっている。
毎年繰り返される主力選手の移籍による戦力保持、優勝候補とあげられるほどに成長したチームを率いるにはまだまだ経験不足だったのかもしれない。(その意味ではベップ、コンテは凄いですね)

昨年8連敗の時でさえ決断しなかったフロントがなぜ今回は?という気もしますが、願わくば今年のスタートから新監督が望ましかった。チームとしても相馬氏の今後のキャリアを考えても。
今回の解任の引き金はやはり、レッズ戦、多摩川クラシコと数的優位な状況で、それを生かした采配が取れなかったこと。これに尽きるのでしょう。(監督と選手の距離がなんて報道もあるようですが、それでも結果を要求されるのがプロでしょう)
しかし、点が取れない。深刻な得点力不足。1時期のスペクタクルなサッカーは影を潜め、なんともいえない閉そく感が漂うチームになってしまいました。まあ、去年の中盤頃からその傾向はあったのですが。
単に采配の問題だけでなく、選手のモチベーションもあるのでしょう。数年前に何度も訪れたタイトル獲得のチャンスを逃し続けたツケはやはり大きいと言わざる負えない。

さて、チームとして決断したことなのでこれからは前向きに。
シーズンが始まって横浜FC、ガンバ大阪に続き3チーム目の監督交代。とりあえず望月コーチが次節ガンバ戦は代行を務め、現在新監督の人選を行っているようです。
(そういえば、ガンバ大阪も松波新監督ですね。新監督vs代行監督の対決。関塚vs西野が懐かしい・・・)
経験豊富な人をターゲットに山本昌邦氏?という予想が大方の見方のようです。元ガンバの西野氏も在野にいますが、フロンターレのカラーではないでしょうね。これまでのフロンターレとは真逆のサッカー。だからこそ面白いかもしれませんが。

う~ん。誰になるのでしょうか。シーズン途中で『壊れかけたチーム』を立て直せる気骨にあふれた人材。そんな人材がいるのでしょうか。
いるではないですか。欧州の地に1人。
フロンターレのサッカーに合うとか合わないといった事を超越した、かっことしたサッカー哲学と豊富な経験を持ちチームに漂う閉塞感をぶっ壊してくれそうな、気骨にあふれた元日本代表監督も務めた老将が。
(と書いておきながら、チームとしては日本人監督を希望のようです。意外と保守的なんですね。フロンターレ)

XPS 13_468x60


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ