【Cosmic Base】スポーツマンシップと作戦

       

北島のまさかの失速や体操男子の失敗続出など、やはりオリンピックには魔物がすんでいるのでしょうか。
やはり、スペインに勝利したことが・・・。(冗談です)

さて、バドミントンで中国と韓国が故意に予選2位通過を狙い、まともな試合にならなかったそうです。
勝ち上がって同国対戦を逃れるためだったそうですが、初めから1か国1チーム参加というルールにしなかったミスでしょう。
予選→トーナメント方式で行われる種目においては当然のルールだと思っていました。
(卓球は完全トーナメント方式なので問題ないですが)
それにしても、そんなことします?オリンピックという世界中が注目している舞台で。
両国にとってスポーツマンシップとは何なのでしょうね。
→どうやら『無気力試合』として4ペアが失格となったようです。当然の処分かと。

なでしこJAPANが最終戦の南アフリカ戦で引き分け狙いに徹し、2位通過。
これもなぜかニュースになってますね。
移動時間等を考えれば当然の策だと思ったのですが。まともな試合にならないようなことをした訳ではありません。
ワールドカップの舞台ではよくあること。最終戦が同時刻開始なのも、故意の敗戦等を防ぐため。
だと思うんですが、どうなのでしょう。

それはさておき、なでしこJAPAN。
そんな作戦が取れるくらい余裕がある立場にまで上り詰めたという事。
勝たなくても突破できる状況を作り出したからこその作戦ですから。
是非とも、金メダルを!まずは次戦ブラジルを確実に倒してほしいですね。
(負けちゃうと、今回の作戦を叩かれそうなので)

大躍進の男子サッカーは、数時間後に予選最終戦を迎えます。
どこまでいけるでしょうか。
サッカー男女とも楽しみです。

そういえば、南アフリカが水泳で好成績なのに驚いています。
そんなイメージなかったので。
まだまだ熱戦は続きます・・・。


⇒ 北島、200mはいけそうな気がします!

blogramのブログランキング


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。