【Cosmic Base】まさか勝っちゃいますか☆

       

いよいよ始まったロンドンオリンピック。
開会式に先駆けて、なでしこJAPNの試合が行われました。
見事に初戦のカナダ戦に勝利。
終盤はバタバタしましたが、勝利を確実視された試合を確実にものにして、目標の『金メダル獲得』へ順調なスタートを切りました。
川澄選手のシュート、ゴールの上部を狙って美しかった・・・。
ちなみに好みは鮫島選手デス。

続いて、男子が優勝候補のスペインとの初戦。
なでしこと逆に、敗戦が確実視された試合をまさか、まさかの勝利!
なんと、勝ち点3を獲得。早速、グラスゴーの奇跡という言葉が踊っています。
目標の『決勝トーナメント進出』へ出来過ぎたスタートを切りました。
(こちらの目標は謙虚に・・・)
関さん、Congratulation!

開始直後から始まった、前線からの連動したプレス。
これは最後まで持つはずもないので、早めに得点を奪う事ができればなと感じながらも、そんなことあるはずはないとあきらめていました。
しかし、意外とミスが目立つスペイン。
34分、貴重な点を奪った時もCKのボールがまさか抜けてくるとは。
大津はラッキーボーイ?でも、怪我が心配ですね。

その後も永井の激しいチョイスが功を奏し、キーパーとDFの連携ミスを誘い清武や永井がチャンスを作るもゴールはならず。
41分には相手DFが一発レッドで10人になり、数的優位。やはり、足が速いというのはそれだけで最高の武器ですね。

が、やはり地力に勝るスペイン。後半になると、日本のプレスが弱くなると徐々にスペインペース。あわやというピンチが何度も訪れました。
そこはオーバーエイジコンビの吉田、徳永が大活躍!
2人がいなければ、負けていたでしょうね。
個人的には、オーバーエイジの選出が地味だと思ったのですが、関さんの見る目は確かだったのでしょう。

カウンターからキーパーと1vs1の場面が3度ほどありましたが、いずれかをモノにできていれば試合を決めることが出来たのですが。
シュートの精度だったり、シュートを打つという気持ちが相変わらずでした。

前半は100点、後半は・・・。
負傷したメンバーの早期復帰を願っています。

同じように勝利が確実視された試合をモノにした”なでしこ”とできなかった”スペイン代表”。
予選突破に大きく関わってきそうですね。


⇒ 明日は待ちに待った開会式。寝不足気味の3週間がスタートです☆

blogramのブログランキング


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。