【Master’s Talk】 意外と健康にいいんです。コーヒーの健康効果をご紹介!

       

「コレステロール値を下げる」「自律神経の働きをアップする」「血管を若く保つ」「がん予防」など、コーヒーの健康効果に関する研究が進んでいます。では、コーヒーのどのような成分が効果があるのかご存知ですか?

カフェイン

かつては「健康を害する」とされていましたが、実はそうでもないようです。
確かに1度に大量摂取してしまうと人体にダメージを与えてしまう場合もありますが、普通にコーヒーを楽しむ程度のカフェイン量ならば健康を促進してくれます。ちなみに深く煎ってあるほどカフェインの量は減少します。
最新の研究では、カフェインは心臓の筋肉の収縮を強くし、脳や心臓の血液を増やす働きがあるそうです。また、思考力を増進し作業能力を高めたり、利尿効果があります。



ポリフェノール

抗酸化作用などの働きを持ち、動脈硬化を予防します。



トリゴネリン

トリゴネリンという物質は、熱が加わるとナイアシンというビタミン物質へ変化します。
ナイアシンは、血管の拡張作用や動脈硬化の改善が期待され、脳神経の活性化、認知症予防に有効です。



クロロゲン酸

大腸がんや肝臓がんの発症を抑制すると岐阜大学の研究で確認されました。ただし、クロロゲン酸は焙煎すると生豆の半分以下まで減少してしまいます。



アロマ

コーヒーの香りの成分ですが、DNAの酸化や心臓の老化を防ぐことにつながる抗酸化作用が期待されています。









⇒ あなたの応援が明日の記事を作ります。ぜひクリックを☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。