カテゴリー : LIFESTYLE

ポイント交換はお早めに


某老舗ポイントサイトが閉鎖したという事を目にしました。
もちろん、その時点での保有ポイントは絵に描いた餅。
そうならないように、交換可能ポイント数に達したら、即交換することをお勧めします。
500P→500円、950P→1000円となればもう少し貯めたくなる気持ちも分かりますが、今回のように閉鎖してしまったらすべてがパーです。
今後は小額交換可能なサイトが安心なのかもしれませんね。


以下のサイトは小額から交換可能です。お試しあれ☆

マクロミルへ登録
アンケート1通で3P以上。1日10通近くは来るので毎日答えれば500P=500円は確実。
他にも図書カードなどあります。






迷ったら基本に戻る


なんだか自己啓発やスポーツコラムのようなタイトルですが、なんてことはない。

巷では、炭酸飲料ブームなるものが来ている?作り出そうとしているらしい。
元来、高カロリーだとか虫歯の心配、歯を溶かすなんて都市伝説まで生まれて、お茶やコーヒー飲料と比較すると敬遠されてきた炭酸飲料。

風向きが変わり始めたのは、ペプシネックスやコカコーラゼロといった商品が市場に出回り、市民権を得始めてから。CMに当時人気があった沢尻エリカや山田優を起用し、カロリーゼロを旗印に市場を開拓。

最近では、サントリーが新商品の炭酸飲料”オランジーナ”を売り出した。
ちなみに、この”オランジーナ”という商品。実はヨーロッパでは市民権を得ている人気商品。
サントリーが2009年に買収したフランスのオランジーナ社の主力商品としてヨーロッパで販売されている。その人気商品を今度は日本で売りだそうと画策しているそう。ちなみに味はオレンジ果汁入りの柑橘系炭酸飲料。容器はヨーロッパ製の商品をモデルとしたオリジナルのひょうたん型。
なにより、フランス産というネームバリューに魅せられるのではないだろうか。
これから夏に向けて、売り場の限られた冷蔵スペースの取り合いに各社が炭酸飲料を売り込むのだろう。常温で生ぬるい炭酸飲料なんて飲めたものではない。
はたして既存の人気商品の牙城を崩せるか。

私も1度は手に取ろうと考えているが、やはり迷ってしまい結局はありふれたコカコーラやサイダーになると思う。
(もちろん、炭酸飲料自体をそれほど好まないが)

blackjamのモットーは『迷ったら基本に戻る』

それが炭酸飲料の場合はコカコーラやサイダーだろうと考えているので。

ちなみに、カップめんの場合はちょっと異なる。
新商品と既存の商品。どちらかの選択なら迷うことなく新商品をチョイス。
しかし、新商品と新商品で迷った場合。
そのどちらも売り場へ戻す。
そして手にするのは
”どん兵衛うどん”

『カップめんで迷ったら”どん兵衛うどん”』

以上、お粗末さまでした☆


















フォーマルスーツの選び方


今回は、結婚式というフォーマルな場に臨む際の服装について。

まずは、スーツ。
ダブルとシングルの2種類ありますが、シングルが基本。

次は、シャツ。
よくカラーシャツを着ている方がいらっしゃいますが
ホワイトが基本。襟はボタンダウンでなくノーマルタイプ。

最後にネクタイ。
式場には様々な色や柄のネクタイが見られますが
色はシルバーかピンク。無地または薄いストライプが基本です。
ちなみに、ホワイトは日本限定のフォーマルです。
外国でのパーティーなどの際はお気を付け下さい。

ネクタイピンをつける場合は、スカーフと同じ高さに付けるのがマナーです。

と、色々と書きましたがこれはあくまでも基本。
あまりかしこまらずに、TPOに合わせてコーディネートを
楽しんでみてください。



【結婚式向】シルバー地織りタイ

【結婚式向】シルバー地織りタイ
価格:2,900円(税込、送料別)


西陣織のネクタイってあるんですね。
高品質な感じ。

お得なマンション情報はここにある!


分譲マンションをお得に購入する方法を紹介しています。

→分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 築年数でこれだけ違います ~
→分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 現所有者の経済状況でこれくらい違います ~
→分譲マンションはお得に購入できる!!


前回は、現所有者の経済状況での値引きの目安を説明しました。

①転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンなし)
②転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンあり)
③ローン返済がギリギリで、売却して住み替えようと考えている場合
④事業等に失敗して多額の借金、多重債務状態の場合



~ ①から④の場合の値引きの目安です ~

①・・・0~-5%(急いで売る必要なし。この金額で売れればいいよ)
②・・・-5%~-10%(なるべくなら売りたい。でもあまり損はしたくないな)
③・・・-10%~-20%(誰か買ってください!なんならもう少し値下げします・・・)
④・・・-20%~-40%(格安!早い者勝ちですよ。 by 裁判所)



④の物件情報はどこに出ているか。
物件情報誌や不動産情報サイトをくまなく探してもなかなか見つかりません。



実は、新聞の広告欄。



④のような物件は「裁判所からの委託」ということもあり、信頼のある特定の不動産屋しか扱えません。
しかも、即現金化を求められるという事情もあり、委託即売買となることから、発行までに時間がかかる雑誌への掲載には向きません。
おそらく、裁判所から金曜日にまとめて不動産屋に情報が流れ、そのまま翌日発行の新聞に載るのでしょう。



まずは、その特定の不動産屋を見つけること。
なかなか難しいですが、見つけるコツはCMなどを放送しているような有名な不動産屋は除くこと。
そのような不動産屋は、裁判所からの委託物件で十分に収益が上がるので必要以上に営業活動をする必要はありません。
逆に、あまりにも手広く営業活動を行うと裁判所からの委託が取り消されることもあるようです。
あとは、やはり口コミでしょうか。いつの時代でも情報は武器です。



不動産屋を見つけたら、あとはとにかくこまめに新聞をチェック。
一生モノの買い物をするのですから、真剣に新聞に目を通しましょう。
希望のエリアや物件を予め確定しておくことも大切です。



ちなみに、土曜日の朝刊に掲載されるようなので土曜日は早起き!
そして、希望の物件が見つかったら、すぐに不動産屋の店前で並びましょう。
人気の物件は、”開店してから電話で”なんて悠長なことをしてたら手に入りません。
シャッターを開けたら、すぐに店内へ!くらいの気持ちが大切です。



雑誌よりもWEBよりも新聞で!
ちょっと時間がかかるかもしれませんが、確実にお買い得な物件が見つかるはずです。

皆さんが希望するマンションが手に入りますように☆

分譲マンションはお得に購入できる!!


分譲マンションをお得に購入する方法を紹介しています。

→分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 築年数でこれだけ違います ~
→分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 現所有者の経済状況でこれくらい違います ~


前回は、現所有者の経済状況によってお得に購入できると説明しました。

①転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンなし)
②転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンあり)
③ローン返済がギリギリで、売却して住み替えようと考えている場合
④・・・。



最後の④の場合とは、事業等に失敗して多額の借金、多重債務状態の場合。
このような場合、裁判所に一任され物件の売買が行われます。
そして売却金を債権者で分け合うということになります。
裁判所が決める売買価格はおよそ市場価値の-20%~-40%が目安といわれています。


①から④の場合の値引きは大体これくらいが目安です。

①・・・0~-5%(急いで売る必要なし。この金額で売れればいいよ)
②・・・-5%~-10%(なるべくなら売りたい。でもあまり損はしたくないな)
③・・・-10%~-20%(誰か買ってください!なんならもう少し値下げします・・・)
④・・・-20%~-40%(格安!早い者勝ちですよ。 by 裁判所)



もちろん、現所有者の経済状況なんて雑誌やインターネット等の広告ではわかりません。しかし、新築時の分譲価格はおおよそわかるはず。築年数で判断して、それ以上にお買い得だと判断したら、もしかしたら上記の③に当てはまるかもしれません。
しかし、雑誌やインターネットに出ているのは①や②の物件ばかり。なかなか③の物件すら見つからないようです。



では、④の物件情報はどこで見つけることができるのでしょうか。



実は意外と知られていないところにあるのです☆



※④の物件は競売物件ではありません。競売の1歩手前の状態です。

分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 現所有者の経済状況でこれくらい違います ~


前回、中古マンションは築年数でどれくらい値段が崩れるか説明しました。

→分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 築年数でこれだけ違います ~

今回はその続きです。

新築マンションと中古マンションの大きな違いは、前回説明した”築年数”があることと、もう1つ”現所有者”が存在することです。

そして、値段に影響するのは”現所有者”がどのような経済状況なのかということ。
言い換えれば、どうして売りに出したのかということです。

現所有者は大体次の4つに分けられます。
まずは転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合。
さらに、残ローンの有無で分けられます。
次はローン返済がギリギリで、金銭的な余裕がないので売却して住み替えようと考えている場合。
つまり、ローンはまだ返済可能。
そして最後は、最もねらい目の場合。

①転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンなし)
②転勤等で引っ越してマンション自体が不要になった場合(残ローンあり)
③ローン返済がギリギリで、売却して住み替えようと考えている場合
④・・・。




そのほかの場合もあるかもしれませんが、まとめると大体こんな感じです。


この中で最も強気な交渉をしてくるのは、もちろん①の場合。
金銭的に困っているわけでもなく、ローンの返済もありません。
物件自体も自分のもの。
固定資産税や管理費、あとは資産価値の減少を気にするくらい。
満足いく金額でないと売却しませんよ。


次が②の場合。
マンション自体は不要になったし、ローンの返済もまだ残っているので、物件を売却してローンの返済に充てたい。
でも、あまり損はしたくない。
以前は多かったようなパターンでしょうか。


③の場合はちょっと事情が変わってきます。
物件自体は必要だが、ローンの返済が苦しい。
まだローン返済は可能だが。このままでは生活が破たんして、ローン返済が滞るかもしれない。
その前に、不動産を売却し、もう少し安い物件を購入 or 賃貸に住み替えようと考えている。
最近、多いパターンでしょうか。



そして最後が④の場合。
実はここが最もねらい目です。



分譲マンションはお得に購入しよう! ~ 築年数でこれだけ違います ~


毎月、賃貸アパートに支払う家賃がもったいない。
今こそマイホーム購入だ!
”消費税が上がる前に”
”マイホーム減税があるうちに”

なんてことを宣伝文句に、毎週のようにポストに入っているチラシ。

そろそろマイホーム購入かなと考えている方は、郊外に戸建もいいですが
便利な街中に分譲マンションはいかがでしょう。


分譲マンションには、大きく分けて2つあります。
これは誰でもご存じ。

新築 or 中古

新築とは『だれも住んだことのない物件』
中古とは『以前、または現在誰かに所有されている物件』

購入する場合、
新築物件は値引きはありません。
あるとしたら、よほどの悪条件の部屋か1年以上の売れ残りです。
カタログ定価での購入となります。

では、中古物件の場合はどれくらい値段が崩れるのか。

3年落ちの物件・・・新築時の-20%
5年落ちの物件・・・新築時の-30%
10年落ちの物件・・・新築時の-40%

が大体の目安です。

ですから、ほどよく年数が経過している物件を探しましょう!


では
”JUVE→Se 世の中の細かな情報を発信する情報基地”
なんてことを名乗る資格はありません。

次回は、もっとお得な物件の探し方をお教えします。