カテゴリー : JUVENTUS Review

【2011-12 第2節 Juventus vs Parma】 老貴婦人、上々の船出


ストライキで1週間延期になりましたが、待ちに待ったセリエAの開幕です。

第2節からの開幕という事で、完成したばかりのスタディオ・デッレ・アルピでの開幕戦。
こういうのにはちょっと運命を感じます。
収容人数は41,000人。カンプノウなどと比べるとそれほど収容人数は多くありませんが
セリエで初めての自己所有スタジアムです。(99年間という期限付きらしいですが)
芝の状態がいい事は一目瞭然。しかもグラウンドとスタジアムが非常に近く、文字通り12番目の選手としてサポーターの力が重要になりそうです。

試合の方ですが、終始ペースを握り続けたユベントスが圧勝。
新戦力のリヒトシュタイナー、ビダルが得点をあげました。
個人的には新スタジアムでの初得点はデルピエロ!といきたかったのですが
リヒトシュタイナーにプレゼントです。

しかし、ピルロのプレーには驚きでした。1点目、4点目と2本のアシストには驚かされました。
体の線が細く、コンタクトプレーには弱いんでしょとライバルチームにいたときは少し馬鹿にしてましたが、コンタクトプレーにならないくらい自分の間合いを持っている選手です。
時折見せる、ミドルシュートも枠内にしかも無回転のおまけつき。
正直、見とれてしまいました。

ブッフォンがバカンス中、たまたまミランの副会長に会い、ピルロ放出のお礼を言ったそうです。
こんな素晴らしい選手がフリーで獲得できるなんて感激ですね。

今後の活躍にますます期待です。


最後のデ・チェリエの退場以外はほぼ完璧な試合でした。

Lega Serie A 第2節
Juventus41-01Parma
3-1
リヒトシュタイナー
ペペ
ビダル
マルキージオ

17′
58′
73′
83′
90′ + 2




ジョヴィンコ(PK)

ナニ、ペロッティ…ユーヴェがさらにサイド強化?


ローマFWミルコ・ヴチニッチの獲得が目前に迫っているユヴェントスだが、クラブはさらなる前線強化を狙っているかもしれない。イタリアの複数メディアが報じたところによると、マンチェスター・ユナイテッドMFナニやセビージャMFディエゴ・ペロッティに関心を抱いているようだ。
4-2-4と呼ばれるフォーメーションを基本とするコンテ監督の要求を満たすべく、クラブは以前から左サイドの強化を図っていた。ヴチニッチもサイドアタッカーとしてこのポジションをこなすことができるが、ユーヴェはナニやペロッティを狙っているという。

ユナイテッドは今夏、アストン・ヴィラからMFアシュリー・ヤングを獲得しており、ナニが移籍する可能性もあるかもしれない。ただ、獲得には高額な移籍金が必要となる。それを受けてか、イタリア『トゥットスポルト』は、ユーヴェがバルセロナMFイブラヒム・アフェライのレンタル移籍での獲得を狙う可能性もあると伝えた。

一方、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、ユーヴェがD・ペロッティの獲得に再び動くと報じている。だが、セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長は、同選手が売却不可能だと強調している。

by goal.com


ユーヴェ、FW多すぎません?
アマウリ、イヤクインタなど、まずは余剰戦力の処理が先かと。

ナニは魅力的ですね!
右サイドのクラシッチに左サイドのナニ。
それを決めるはデルピエロ
となることを期待しています。

G・ロッシ獲得に悲観的なユヴェントス



ユヴェントスのベッペ・マロッタGM(ゼネラルマネジャー)は27日、以前から関心を抱いているビジャレアルFWジュゼッペ・ロッシの獲得に悲観的な見解を示した。

26日にMFサンティ・カソルラをマラガに放出したビジャレアルは、さらなる主力の放出に難色を示していると言われている。そのため、G・ロッシを残留させる意向のようだ。

マロッタGMはイタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、G・ロッシの獲得を諦めてはいないとしながらも、実現は難しいかもしれないとの見方をほのめかしている。

「我々はG・ロッシの獲得を試みる。だが直近になって、ビジャレアルに売りたくないとの考えが出てきたんだ。彼はイタリアサッカー界のタレントだ。ほかのチームと同じように、我々は彼に注目している」

G・ロッシの獲得が難しい場合、ユヴェントスはローマFWミルコ・ヴチニッチを代役に考えていると見られる。ローマからの移籍が濃厚と言われる同選手だが、代理人は先日、マンチェスター・ユナイテッドとコンタクトがあったことを明らかにしている。

by goal.com


やっぱり土壇場でロッシ獲得もうまくいかないんですかね。
一番の理想はアグエロだったんですが、シティーに決まりそうだし・・・。

ネイマール・アグエロ・ロッシ
誰かひとり獲得できれば補強は完了だと思ったんですが。

でも、何が起こるかわからないのがカルチョの世界。
移籍市場が閉じる8/31までは一喜一憂しながら楽しみましょう。

セリエA新シーズンの対戦カード決定!


SerieA
2011-12シーズンのセリエAの対戦カードが決定しました。
王者ミランは開幕戦でカリアリと敵地で対戦。
日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームにレッチェを迎えます。
また、FW森本貴幸が移籍したノヴァーラは、ホームでパレルモと対戦することが決定。

セリエAは8月27日・28日に開幕。
2012年5月13日に閉幕予定となっています。開幕戦の対戦カードは以下のとおり(左がホームチーム)。

ウディネーゼ 対 ユヴェントス
アタランタ 対 チェゼーナ
ボローニャ 対 ローマ
カリアリ 対 ミラン
インテル 対 レッチェ
ラツィオ 対 キエーヴォ
ナポリ 対 ジェノア
ノヴァーラ 対 パレルモ
パルマ 対 カターニア
シエナ 対 フィオレンティーナ


新スタジアムが竣工するユヴェントスは、9月11日の第2節パルマ戦から新たなスタジアムを舞台に戦闘開始です。

なお、ミランとインテルが激突するミラノダービーは、初戦が2012年1月15日に予定される第18節に行われる予定。
後半戦はシーズン終盤となる第37節での対戦となるため、タイトル争いの行方次第では大きな注目を集めることになりますね。



32 / 32« 先頭...1020...2829303132