カテゴリー : JUVENTUS Review

マトリのゴールで難敵を撃破! 【2011-12 第20節 Juventus vs Udinese】


前節のアタランタ戦を勝利し、冬の王者として折り返したユベントス。
3位ウディネーゼをホームに迎えての後半戦スタート。

アウェイではスコアレスドローで勝ち点を分け合いましたが、ホームではしっかりと勝ち点3を積み上げたいところ。

フォーメーションはアウェイと同じようにボヌッチ、バルザーリ、キエッリーニの3バック。
ペペとマルキージオはベンチスタート。代役はジャッケリーニとエステガリビアの好調2人。
2トップはクアリアレッラとマトリでスタート。

試合はいきなりユベントスのチャンス。
1分、ウディネーゼのDFラインが乱れているところをクアリアレッラがエステガリビアへスルーパスを通し、キーパーと1対1となるが、右足のシュートはハンダノビッチがファインセーブ。
さすがは、昨年のセリエA最優秀GKといったプレー。

9分にはウディネーゼが反撃。カウンターからディナターレへのクロスもキエッリーニがクリア。
さらに14分、15分にも連続してシュート。枠内へ飛ぶもブッフォンがファインセーブ。

22分には逆にユベントスがカウンターからチャンス。マトリがキーパと1対1となるがハンダノビッチがまたもファインセーブ。
わずかに大きくなったマトリのトラップを見逃さない素晴らしいプレー。マンチェスターユナイテッドやバイエルンが獲得に乗り出したほどの価値を存分に発揮する。

33分にはエリア内でリヒトシュタイナーがシュートもDFにクリアされる。

チャンスを多く作るもなかなかゴールを奪えないユベントス。
切れ味鋭いカウンターでディナターレがゴールを狙うウディネーゼ。

待望の先制点は41分。左サイドからエステガリビアのクロスをクアリアレッラが枠内へのヘディングシュート。
やはりハンダノビッチが反応するもはじいたところをDFより1歩先にマトリが押し込み先制。
マトリ8試合ぶりの8点目。

前半はこのまま終了。

後半に入ってもボールを保持し攻め続けるユベントス。
49分、マトリの折り返しをエステガリビアが狙うもわずかに届かず。
51分にFKのチャンス。キッカーはピルロ。最近、周囲に合わすボールを蹴り続けていたが久しぶりに直接狙うも壁に阻まれる。
52分、CKからのカウンターをうまく防いだビダルがミドルシュート。惜しくもクロスバーの上へ消えていく。

同じく52分。カウンターからディナターレが初めてフリーでシュート。わずかに枠の外へ。

流れが変わったのか55分には同点ゴールを奪われる。
55分、キエリーニへのパスをカットされそのままカウンター。後半から入ったフローレスが同点ゴール。
さらに59分にもディナターレがシュートを放つも枠外へ。

ここでコンテが動く。ベンチスタートだったマルキージオをクアリアレッラに代えて61分に投入。
ユベントスが勝負に出る。
直後の62分に勝ち越し点を奪うことに成功。
ビダル、マルキージオとつないだボールをマトリが魅せる。
ギリギリのコースを狙った技ありのシュート。
マトリのドッピエッタで勝ち越しに成功したユベントス。

その後は堅実なプレーでリードを守り切ったユベントス。
無敗記録を20試合に伸ばし、首位キープです。


3位ウディネーゼを撃破したことは大きな成果です。
それ以上に、雪が降る寒い中でのリヒトシュタイナーの半袖とコンテのニット帽、そしてアウェイユニフォームのピンク色が雪によく映えるのが印象に残ったゲームでした。

カセレスの獲得で最終ラインの補強とアマウリ、トニの放出と着々と冬のメルカートは進んでいるようです。
最終日までに驚きの移籍はあるのでしょうか。


Lega Serie A 第20節
Juventus 2 1-0 1 Udinese
1-1
マトリ

マトリ
42′
56′
62′

フローレス




デルピエロ待望の初ゴール 【コパイタリア 準々決勝 Juventus vs Roma】


ミッドウィークに行われたコパイタリア。
残念ながら、契約中のTVでは見れませんでした。

最近、コパでは痛い目に合っているローマが相手。
しかも、マルキージオ、ペペが負傷中といいニュースはありません。

が、なんと3-0で勝利!
しかも、デルピエロが今シーズン初ゴールを上げたそうです。
ネットのダイジェスト版でしか確認してませんので、試合の詳しい内容はわかりませんが
デルピエロらしい、カーブをかけて美しい軌道でのゴールは確認できました。

準決勝の相手はおそらくミランでしょう。
ライバルをしっかりと叩いて、コパを制し、スクデット獲得に勢いをつけてほしいですね。


Coppa Italia 準々決勝
Juventus 3 2-0 0 Roma
1-0
ジャッケリーニ
デルピエロ
オウンゴール
6′
30′
90′

【2011-12 第18節 Juventus vs Cagliari】 先制するも決定力を欠き、痛恨のドロー


ミラノダービーを前に確実に勝ち点3を獲得し、プレッシャーをかけたいユベントス。
相手は10位カリアリ。いつも通りのメンバーで試合に臨みます。マトリは古巣対決。
デルピエロはいつも通りベンチスタート。新加入のボリエッロ、お久しぶりですクラシッチもベンチ入り。

試合は序盤からユベントスが攻め続け、6分に先制。
右サイドでリヒトシュタイナーがペペにパス、さらにバイタルエリアに走りこんだマルキージオへパスを通し、
再度ゴール前に走りこんだリヒトシュタイナーへ、キーパーと1対1の局面を作り出しフリーのヴチニッチへパス。
あっさり先制。

12分にもゴール前で敵のミスからボールを奪いマトリがシュート。
しかし、ボールは左へ外れる。

30分、カリアリが反撃。セットプレーから連続でチャンスを迎えるもゴールならず。
37分には再度、ユベントスがチャンス。
左サイドを崩し、マルキージオがクロス。ペペがフリーでヘディングもキーパー真正面。

前線から激しくプレスをかけるカリアリ。それをいなしながら何度もチャンスを迎えるも
決めきれない。前半はそのままユベントス1点リードで終了。

後半に入っても、前線からのプレスを続けるカリアリ。このまま体力は続くのかと思っていると
これが意外な形で実を結ぶ。
47分、ボヌッチのクリアミスをコッスがそのままシュート。ブッフォンの厚い壁を攻略。
久しぶりの失点。

ユベントスは65分にデルピエロ、70分に久しぶりにクラシッチ、81分に新加入のボリエッロを投入し勝ち越しを狙う。
ホームで下位チームにドローは許されません。コンテ強気の采配。
しかし、セットプレーからデルピエロのヘディングはキーパー正面。ゴール前、キーパーと1対1でクラシッチがシュートを放つもまさかの枠外へ。
最後のチャンスはビダルのヘディング。タイミングはバッチリでしたがボールはクロスバーの上へ。

試合はこのまま終了。ミランダービーの前に勝ち点3を獲得したかったユベントス。痛恨のドローに終わりました。

ちょっと気になったのは、固定メンバーで戦うことを望むコンテ。
マルキージオ、ピルロと替えのきかないメンバーに陰りが見えてきたような気がします。
あとは、珍しくリヒトシュタイナーのトラップミスが3度ほど。
めったにないので、逆に目につきました。

今日の収穫は無敗記録を18試合に伸ばせたこと。
あとは、残念なことですがスペースがないとクラシッチは通用しないことがはっきりしたこと。
アマウリ、ヤクインタとともに放出されるのでしょうか。
効果的な冬のメルカートになりますように☆


Lega Serie A 第18節
Juventus 1 1-0 1 Cagliari
0-1
ヴチニッチ 6′
47′

コッス


関連ニュース >>

【2011-12 第17節 Lecce vs Juventus】 やっぱりレッチェはla pecora nera?


新年最初のゲーム。
ユベントスは敵地で苦手レッチェとの試合。
去年の同カードでは2-0で負けています。
ウインターキャンプでの好調をそのままに後半戦に突入したいところ。

最初のチャンスはレッチェ。
7分、ゴール前でのフリーキックを元ユベントスのオリベラが合わせる。
しかし、ジャストミートせず。

先制点はユベントス。
26分、スローインのボールをヴチニッチが中に切れ込み強烈なシュート。
キーパーがなんとかセーブするも、マトリが頭で押し込みゴール。
今シーズン7点目。

後半は終始、レッチェペース。
ボールを支配し、ユベントスゴールに迫るも肝心なところでミスが目立ちゴールを奪うことが出来ない。

ユベントスはカウンターで時折(本当に時折)レッチェゴールに迫るも、マトリ、ヴチニッチが決めきれず。
試合を決めることが出来ない。

上手く時間を使い切り、そのままなんとか逃げ切りユベントスの勝利。
ユベントスは開幕17試合無敗でクラブレコードタイ記録。

なんとか勝利しましたが、最後はどちらが首位で最下位かわからないような試合内容。
やはり相性なのでしょうか。
ユベントスにとってレッチェは”la pecora nera”(ラ・ペーコラ・ネーラ)と聞いたことがあります。
ちなみに、la pecora neraとは黒い羊のこと。羊は白と相場が 決まっていますから「要注意人物、厄介者」という意味らしいです。

ところで、レンタルで獲得したボリエッロ。
なんと負傷中で試合には出場できないらしい。
これはティフォージも怒りますよね。
このことが原因で、様々なトラブルが発生し試合開始が遅れたらしいデス。
なんともイタリアらしいというか、このような文化がないとスポーツ文化は根付かないのですかね。

次節はホームでカターニア戦。
ちなみに、キエッリーニは累積警告。


コンテ様!
ウインタートレーニングで絶好調だったデルピエロにも出場機会を!!



Lega Serie A 第17節
Lecce 0 0-1 1 Juventus
0-0
26′
マトリ


【2011-12 第1節 Udinese vs Juventus】 堅守の両チーム。スコアレスドローで決着。


11-12シーズンの開幕戦となるはずだったカード。
本来ならクリスマス休暇に入っているはずのこの時期に開催。

1位ユベントスと3位ウディネーゼ、リーグ最小失点No1のウディネーゼとNo2ユベントスの対決。
3-5-2のウディネーゼに対して、ユベントスも3-5-2にシステムチェンジして応戦。

試合は序盤から中盤でのボールの奪い合いが続き、両チームともチャンスらしいチャンスは作れない。前半は特に目立った動きもなく後半へ突入。

ユベントスの初めてのチャンスは51分、ピルロのCKから。ペナルティエリア中央でキエッリーニがヘディングシュートするも惜しくもGK正面で得点ならず。
すると、流れをつかみかけたユベントス。ペペの切れ味鋭いドリブルからチャンスを作り出すも、マトリが決めきれず。
本日のマトリ、その後も何度かチャンスを手に入れるも得点できず、パスミスでチャンスを演出できない。

ユベントスの初めてのピンチは56分。
ディナターレのFKを頭で合わされるもゴールならず。
ディナターレがボールを持つと、何かが起こりそうな雰囲気。
その後も何度かチャンスを演出し、彼自身も強烈なシュートでゴールを脅かすもゴールならず。

71分、チャンスを生かしきれなかったマトリout⇒クアリアレッラin
交代直後にエリア左からシュートを放つも惜しくも左にそれる。
83分にも素晴らしいシュートを放つがGKがナイスセーブ。
短い出場時間でもシンプルにゴールを狙うクアリアレッラ。
あと10分早く交代していればあるいは・・・。

80分、今日も動きがよかったペペout⇒デルピエロin
85分に左サイドを崩したデルピエロからリヒトシュタイナーへラストパス。
シュートするもボールはクロスバーを超える。

試合はそのままスコアレスドロー。
ウディネーゼはホームで今シーズン初めて勝ち点を失った形となった。
ユベントスの無敗記録は継続中もミランに得失点で下回り首位陥落。

やはり、最強の盾と盾をぶつけても何も起こらず。

ペペは今日もいい動きを見せていた。ポジション争いのライバルと見られていたクラシッチを完全に蹴落として、今やピルロと並んで欠かせない選手となった。
彼のゴルフパフォーマンスをもっともっと見たい。

見たいといえば、ピルロの直接FK。
無回転あり、変化球ありの彼のFKだが、今シーズンは直接狙った場面を見ていない気がする。
長距離でも十分狙えるはずなので、今後の試合に期待!

Lega Serie A 第1節
Udinese 0 0-0 0 Juventus
0-0

【2011-12 第16節 Juventus vs Novara】 チャンスを逃し続けるも、辛くも勝利し首位キープ


前日、ミランが勝利し暫定トップになっているためなんとしても勝ち点3が欲しいユベントス。
負傷のヴチニッチに代わって今季初スタメンのデルピエロ。マトリに代わってクアリャレッラがスタメン。
今季無得点の両FW。せっかくのチャンスに得点を挙げアピールしたいところ。

試合は序盤からユベントスが攻め続ける。
4分、左サイドからデ・チェッリエのクロスをペペが決めあっさり先制。
その後も猛攻を仕掛け、追加点を狙うもなかなかゴールを奪えずに前半終了。

後半も何度もチャンスを作り出すも、ジャッケリーニが決めきれない。
逆にノバーラの反撃を食らうも、ブッフォンのファインセーブで得点を許さない。
待望の追加点を上げたのは、クアリャレッラ。
ピルロのCKをヘディングでネットを揺らす。待望の今シーズン初得点!
このまま何とか逃げ切り、首位をキープです。

でも、チャンスを逃しすぎて今後に不安要素ありです。
やっぱりヴチニッチの穴はジャッケリーニでは埋まりませんか・・・。
エリア、クラシッチに期待です!

Lega Serie A 第16節
Juventus 2 1-0 0 Novara
1-0
ペペ
クアリャレッラ
4′
75′


関連ニュース >>
  • コンテ、勝利は満足も決定力不足を指摘



  • アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
    一度ページを再読み込みしてみてください。


    アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
    一度ページを再読み込みしてみてください。


    アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
    一度ページを再読み込みしてみてください。

【2011-12 第15節 Roma vs Juventus】 ブッフォン、トッティのPKをストップ!敵地で貴重な勝ち点1


敵地オリンピコでのローマ戦。
負傷欠場のヴチニッチの代役はエスティガリビアが務めます。

6分、意外な形で先制点はローマへ。
コーナーキックをデ・ロッシが当たり損ねのボレー。ゴール前のビダルが余裕のクリアかと思いましたが、まさかの空振り!
ボールは無情にもユベントスゴールへ。

その後、すぐにユベントス反撃。エスティガリビアの強烈なシュートが何度もローマゴールを襲いますが相手キーパーがナイスセーブ。
そのまま後半へ。

後半に入ってもユベントス攻勢!
ペペ、ビダルがチャンスを作りますが、ゴールを奪えません。

しかし、ローマと同じく意外な形で同点ゴールが。

ビダルのクロスをエスティガリビアが当たり損ねのボレー。
うまい具合にゴール前にセンタリングの様な形になり、キエッリーニが頭で押し込み同点。

しかし、その直後ローマ勝ち越しのチャンス。
ビダルがエリア内でラメラを倒してPK獲得!
ビダル今日は厄日?

絶対絶命のピンチを救ったのは、やはりブッフォン。
トッティのキックを完璧にセーブ。

その後も両チーム、一進一退で攻めますが得点は奪えず。
長い長いロスタイムも決勝点を奪うには足りずそのままドロー。

敵地で貴重な勝ち点1を奪い、無敗記録は継続。
ウディネーゼを得失点で上回り、首位をキープです。

Lega Serie A 第15節
Roma 1 1-0 1 Juventus
0-1
デ・ロッシ 6′
61′

キエッリーニ


関連ニュース >>

【2011-12 第14節 Juventus vs Cesena】 負けないユベントス!でもカピターノは負傷交代


ミッドウィークのナポリ戦を価値あるものにするために是非とも勝ちたいユベントス。
累積警告でピルロを欠いて代役はパツィエンツァ。
なかなかのパス回しでしたが、全員守備のチェゼーナを崩すまではいきません。
前半、相手にシュートを打たせず、一方的に攻め立てますが、マトリやペペがチャンスを外し得点ならずにスコアレスで後半へ。

早速動く、ミステル。
マトリに代え、クアリアレッラ、ヴチニッチに代え、デルピエロを投入。なんとか1点をもぎ取りに行きます。
久しぶりにまとまったプレー時間を得たデルピエロ。
でしたが、、、交代6分後に相手DFのスパイクがこめかみへ。
流血したデルピエロ。プレー続行は不可能で無念の負傷交代。
倒れながら地面を蹴るデルピエロ。痛みと悔しさとが共存しているようでした。
交代はジャッケリーニ。

嫌な流れのユベントスを救ったのはやはり絶好調のマルキージオ。
72分ゴール前で絶妙なトラップからのシュート!
値千金の先制点☆チームトップタイの6得点。
これで試合はユベントスのペースへ。
82分にはゴール前に飛び込んだジャッケリーニを倒したとの判定でPKを獲得。
ちょっと厳しい判定でしたが、ビダルが確実に決めて試合を決めました。
ユベントス首位キープ。


パツィエンツァも頑張ってましたが、やはりピルロ不在は大きかったですね。
デルピエロの怪我は心配されましたが、8針を縫い大事には至らなかったようです。
8針って結構な傷だったと思いますが、救急車の中で笑顔の写真がfacebookにあったようです。
無事で何より。次戦に期待です☆


Lega Serie A 第14節
Juventus 2 0-0 0 Cesena
2-0
マルキージオ
ビダル
72′
83′


関連ニュース >>

【2011-12 第13節 Lazio vs Juventus】 ユベントス、ペペのゴールを守り首位再浮上!


ラツィオとの首位攻防。
ユベントスは消化試合が1試合少ないため、勝てば非常に意義があるこのゲーム。

いまやチームの大黒柱となったピルロが練習時に腰を痛めて出場が危ぶまれましたが、なんとかスタメン出場。
この試合も、マルキージオ、ビダル、ピルロがチームの中心。
最近はメンバーも固定されてきました。

前半、ボヌッチの判断ミスから大ピンチを迎えますが、ブッフォン、バルザーリのファインプレーで得点を許しません。
その後のピンチもなんとか防いでいたユベントスは、見事なカウンターからマトリのクロスをペペが2試合連続のゴール!
彼のゴルフパフォーマンスも見慣れてきました。
その後、主導権を握るも追加点は奪えず後半へ。

後半に入ると、ラツィオが猛反撃。
60分のエルナネスのシュートは見事にポストを直撃!
ほっと一安心のユベンティーノ。
その後、シセ、スクッリを投入しなんとか得点を奪おうとするもユベントスの守備は盤石。
(ボヌッチ以外・・・)

なんとか敵地で勝ち点3を奪いました!

☆★☆ デルピエロ情報 ☆★☆
本日出場せず。
ウォーミングアップもしてた様子はありませんでしたが・・・。


Lega Serie A 第13節
Lazio 0 0-1 1 Juventus
0-0
34′ ペペ


関連ニュース >>

【2011-12 第12節 Juventus vs Palermo】 3得点で完勝も、ブッフォンに見どころ満載!


ナポリ戦が悪天候のため延期、代表戦もあったため、なんと3週間も試合間隔が空いたユベントス。
久しぶりの試合楽しみにしてました。
しかし、なぜかトリノで勝てないパレルモ戦。負ける予感がプンプンします。
毎回いやな予感がするパレルモ戦。無敗記録は伸ばせるか?


試合は序盤からユベントスが押し気味に。
最初のチャンスは今日も輝くピルロの切り返しからクロスをフリーのキエッリーニがヘディングも枠を外す。

パレルモも反撃!
流れたクロスボールがフリーでイリチッチの足元へ。
失点を覚悟しましたが、ここで守護神ブッフォンのビッグセーブ!!
冷静に切り返してシュートできないところが、ビッグクラブの選手との差でしょうか。
ブッフォンの顔で失点を防ぎます。

見事なパスワークで全般的にユベントスが押し込んでいますが、パレルモも時折ボールをつなぎながらユベントスゴールを脅かします。

先制はユベントス。20分にキエッリーニのクロスをフリーでペペがヘディングシュート。
華麗な攻撃でなく、意外とシンプルな攻撃が実を結びます。
続く31分にはピルロが完璧なタイミングでゴール前へ飛び出し、ゴールへのパスといったお手本のようなシュート!
しかし無情にもポストにはじかれます。あと2,3センチずれていたらゴールでした。しかし、あいかわらず上手いです。
ミラン時代はそこまで上手いとは感じなかったんですが、輝いてます。

追加点がなかなか奪えないユベントス。後半立ち上がりにリヒトシュタイナーのスルーパスをマトリがゴール!
ここぞという時に絶妙なタイミングで攻撃参加するリヒトシュタイナー。新加入選手ですが、欠かせない選手です。

試合を決める3点目を決めたのは、またもやマルキージオ。今シーズン5点目。
ピッチを所狭しと走り続ける彼は、もはやコンテユベントスの中心選手です。

残り10分でいつものようにデルピエロ登場。
今日もあまりボールにからめず、ゴールの匂いすらしませんでした。
頑張れ!カピターノ☆
誰も期待してなくても、僕だけは応援してます。

1試合少ない状態でウディネーゼと並んで首位キープ。
次節はラツィオ戦です。

Lega Serie A 第12節
Juventus 3 1-0 0 Palermo
2-0
ペペ
マトリ
マルキージオ
20′
48′
65′


関連ニュース >>
30 / 32« 先頭...1020...2829303132