カテゴリー : 15-16_Lega Serie A

とうとうその日が。ザザのゴールで大一番を制し、首位浮上!【2015-16 Lega Serie A 第25節 Juventus vs Napoli】


25節を経過して、ようやく本来の位置に戻ることが。

久しぶりに本当の意味での首位攻防の一戦を制し、首位に立ちました。

ケディラの復帰、ドリブルのスペースはほぼ封じ込められましたが、フリーランニングとディフェンスで大活躍のクアドラード。

随所に違いを見せるディバラ。

さすがは首位攻防。両チームとも攻守の切り替えの早さでなかなかシュートまでたどり着けない。
トラップが少しでも大きくなると、ボールを失う。

トップスコアラーのイグアインはボヌッチとバルザーリがしっかりとケア。
1本だけ絶体絶命のクロスもなんとかボヌッチがクリア。
そのボヌッチがケディラとの接触で負傷交代。若いルガーニヘ。
ボール回しでは、ボヌッチほど際どいところへパスを通すことはなかったが、及第点と言える守備。

これだけの負傷欠場、今後のビッグゲームに備えての交代があったので痛み分けもやむなしと思い始めた時間帯にザザのスーパーゴール。
ゴール正面から左へスペースを作り出し、豪快なシュートを突き刺しました。
御膳立てとなったサンドロの頭でのつなぎ。ディバラを今後の連戦に備えて交代させての交代出場選手が地味ながら大事な仕事を成し遂げました。

これで15連勝。勢いをつけて次のボローニャ戦、そしてバイエルン戦へ。





2015-16 Lega Serie A 第25節
Juventus
logo_juve
1 0-0 0 Napoli
logo_napoli
1-0
ザザ 87′
9
4
SHOTS
ON GOAL
5
1
30:30 BALL Possession 26:52



⇒ そして順位表の一番上へ☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

満身創痍のユヴェントス。苦しみながらも勝利を掴む【2015-16 Lega Serie A 第23節 Juventus vs Genoa】


ジェノア守備陣の頑張りもあり、前半に挙げたオウンゴールのみ。
本当に勝利という結果以外に何も得られなかった試合。

その勝利の代償が大きすぎた。
エブラに筋肉系のトラブル、カセレスが今季終了となるアキレス腱断裂の大けが
仕上げは、ロスタイムのザザの一発レッド。
ただでさえ、満身創痍のチームで切れるカードが少ない状態で、次節フロジノーネ戦はさらに選択肢が少なく。


2015-16 Lega Serie A 第23節
Juventus
logo_juve
1 0-0 0 Genoa
logo_genoa
1-0
OwnGoal 30′
10
5
SHOTS
ON GOAL
4
2
26:36 BALL Possession 22:02



⇒ 13連勝に記録は延ばしましたが☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

ディバラのゴールを上位浮上の足掛かりへ【2015-16 Lega Serie A 第13節 Juventus vs Miran】


上位をうかがう為にはどうしても負けられない両チームの試合。

国際Aマッチの都合で間隔が空いた。心配されたブッフォン、リヒトシュタイナーも無事に出場。
スクデット争いに生き残りをかける試合。

序盤から激しいプレスでミランを押し込むユヴェントス。

特にマルキージオとエルナネスがうまくフリーでボールを捌き、試合を優位に進める。

も、早速28分、エブラにアクシデント。サンドロへ交代を余儀なく。
相変わらずマンジュキッチにボールは収まらない。
優位に進めるも、チャンスらしいチャンスも、ピンチらしいピンチも訪れず、消化不良な試合展開は続く。

後半、開始からエルナネスを下げ、ボヌッチを投入。
3バックへシステムチェンジ。中盤をさらに厚くしたいという、前向きな理由かと思いきや、エルナネスが負傷で致し方なく。

結果的には中盤でさらに支配力を増し、ゴールを狙うも、大抜擢の16歳のGKからゴールを奪えない。

65分、ポグバが左サイドのサンドロへとんでもないパス交換。
それを受けたサンドロがエリア内へ走りこむディバラへパス。これを見事なトラップからディバラがゴール。

わずか3人の華麗なプレーで、ミランDF陣を崩した形。

なんども映し出される本田のアップ映像。しかし、声はかからず。

70分にライバル、チェルチの単独突破からクツカのボレーにはヒヤリ。
これぞ、ミハイロビッチ監督の求めているプレーなのでしょう。

さらにカットインからチェルチが強烈なシュート。
ブッフォンのセーブでミランは万事休す。

1点差という点差以上に両チームの力の差を感じた試合。


2015-16 Lega Serie A 第13節
Juventus
logo_juve
1 0-0 0 Miran
logo_miran
1-0
ディバラ 65′
14
5
SHOTS
ON GOAL
6
2
32:15 BALL Possession 26:26



⇒ 世界のHONDAはどうなる?☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

アタランタを終始圧倒!マンジュキッチに待望の初ゴールも【2015-16 Lega Serie A 第9節 Juventus vs Atalanta】


ディバラ、マンジュキッチの2トップでスタート。

いい入り方。
得点チャンスを何度か迎える。
ポグバからの素晴らしいパスを上手くトラップするも、シュートできないマンジュキッチ。
トラップまでは完璧だったのだが。
開始10分まではノーチャンスのアタランタ。こんな時にワンチャンスでやられるのが今シーズンのユヴェントス。

しかし、今日のユヴェントスは一味違いました。
先制点は終始、相手陣内へ押し込んでいたユヴェントス。
左足で無回転気味に決めたディバラ。
ゴール正面からポグバのパスを生かした見事なゴール。
攻めてもなかなか奪えなかった中での待望の先制点。

今日の試合のいい入り方の原動力。
ペレイラが前半で負傷交代。アサモア。

前半終了間際、エブラのクロスをディバラ。
右足のシュートはGK正面。


後半もユヴェントスがアタランタを押し込む展開。
ディバラからの折り返しをマンジュキッチ。
リーグ戦、初ゴール。

の後の動きのいい事!!
FWはやはりゴールでのってくる。

アタランタには過去10試合連続で勝利中のユヴェントス。

内容的にはほぼ完ぺきな試合。
ポグバのPKが決まっていれば。
しかし、意欲がないアタランタに対して、ロスタイムの2分は余計だった。
怪我をしなくて良かった。



2015-16 Lega Serie A 第9節
Juventus
logo_juve
2 0-0 1 Atalanta
logo_atalanta
1-1
ディバラ
マンジュキッチ
50′
90’+
16
10
SHOTS
ON GOAL
5
0
37:07 BALL Possession 21:43



⇒ アタランタ戦11試合連続勝利!☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

ロスタイムに決勝ゴール。歓喜のトリノダービー。【2015-16 Lega Serie A 第11節 Juventus vs Torino】


前節、サッスオーロに敗戦。
早くも4敗目と調子の出ない中でのトリノダービー。
これに負けると、アッレグリ解任?

キエッリーニは出場停止。右サイドにはパドイン。
中盤にはエルナネス、マルキージオ、ポグバ、ケディラ。
考えられる中で最高の組み合わせか。

トリノに全く攻め手を与えないユヴェントス。
ペースをつかんでいるうちにゴールが欲しかったのですが、
その矢先にケディラ・・・。負傷交代でクアドラード。

対するトリノはセットプレーからクアリアレッラがワンチャンスを狙う。
相変わらず危険な男。
クアリアレッラのプレーに肝を冷やした直後、
交代出場のクアドラードのパスをポグバ。
ワントラップからドライブ気味のシュートを決めて待望の先制点。
前半はユヴェントスペース。

しかし、後半早々、トリノが直接FKのこぼれ球を決めて同点に。
直接シュートは味方DFに防がれるという不運も、そのこぼれ球が絶好のチャンスボールへ。
現在の順位を象徴するような出来事から同点ゴール。

その後はトリノの猛攻をユヴェントスが耐える時間帯。
何度もブッフォン神のスーパーセーブに救われる。

ダービーらしいプライドをかけた試合は激しさを増すばかり。
89分にはユヴェントスが絶好のチャンス。
FKからボヌッチが頭で合わせるも、クロスバーに直撃。こぼれ球をマルキージオが詰めるもキーパーがセーブ。
いよいよドローも見えてきたロスタイムにドラマが。

途中出場のサンドロのクロスボールをクアドラードが値千金の決勝ゴール。

クロスがファーサイドまですり抜ける幸運さ、シュートはジャストミートしていないのにゴールしているというのがクアドラードらしい。

ダービーの勝利を上位浮上の足掛かりにしたいところ。


2015-16 Lega Serie A 第11節
Juventus
logo_juve
2 1-0 1 Torino
logo_torino
1-1
ポグバ

クアドラード
19′
51′
90’+

ボボ
14
7
SHOTS
ON GOAL
7
4
27:43 BALL Possession 19:12



⇒ アッレグリ采配的中。棚ボタ的ですが☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

新戦力が機能せず、シーズン早くも3敗目【2015-16 Lega Serie A 第6節 Napoli vs Juventus】


まさかのロスタイムに追いつかれた前節。
それを払しょくするためにか、開始早々のハイプレス。
ボールを奪ってからのペレイラが効果的、ボールとテンポを落ち着かせたかったユヴェントス。

しかし、相変わらずボールは落ち着かず。
イグアインのポストプレーからインシーニエ。
ボールの奪われ方が悪く、見事なカウンター。

それにしてもザザは期待外れ。
収められない、運べない、打てない、守れない。
これではジョレンテを残したほうがよかった気が。

現在のユヴェントス。
結局のところ、ボールの奪いどころが定まらない。
中盤が作れない。苦し紛れのボヌッチからのロングボール。
収められないFW陣。

最後まで集中力を切らさなかったナポリを崩し切れず、今季早くも3敗目。


2015-16 Lega Serie A 第6節
Napoli
logo_napoli
2 0-1 1 Juventus
logo_juve
0-1
インシーニェ
イグアイン
26′
62′
63′


レミナ
12
5
SHOTS
ON GOAL
8
3
27:32 BALL Possession 26:53



⇒ ザザに失望感☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

リーグ戦初勝利!【2015-16 Lega Serie A 第4節 Genoa vs Juventus】


未だリーグ戦未勝利のユヴェントス。
CLマンチェスターシティ戦での勝利で流れが変わることを祈りながらの観戦。

マンチェスターシティ戦と同じく、4-3-3を採用したアッレグリ。
新加入のレミナがアンカーの位置でスタメン。
いい選手ですね。奪えるし、運べる。パスで周囲を動かすというより、自分が持ち上がるって感じ。

序盤から前かかりに攻めるユヴェントスに対し、スキのないジェノアの守備。
さすがは元ユヴェントスユースの監督の指揮するチーム。

17分、マンジュキッチがカウンターからゴール前へ。
絶好のシュートチャンスもクアドラードへのパスをカットされる。
自分でという姿勢がほしかった。

モラタが前半早々に交代。代役はペレイラ。
けが人が多いユヴェントス。
さらに、クアドラードが玉乗り。も大事に至らず。一安心。
出足の良い守備とキレッキレのドリブル。
なくてはならない戦力になりつつあります。

ペレイラの折り返しをポグバがシュート。クロスバーに阻まれ、GKに当たってのゴールとなり、結果的にはオウンゴールも、今シーズン初の先制点。
しかし、まだどちらかといえばジェノアペース。
クアドラードの突破を防ぎ、2枚目のイエローカードで相手DFが退場。
これまでいい守備を見せていたジェノア。退場者で守備のバランスが崩れる。
ユヴェントス、前半で1点のリードと1人の数的優位。

59分、エリア内でキエッリーニが倒され、PK獲得。
今シーズンのPKキッカーはポグバ。
これでようやく勝負あり。

この勝利で波に乗ってくれるといいのですが。。。


2015-16 Lega Serie A 第4節
Genoa
logo_genoa
0 0-1 2 Juventus
logo_juve
0-1
37′
60′
OwnGoal
ポグバ
5
0
SHOTS
ON GOAL
12
5
24:48 BALL Possession 19:58



⇒ マンジュキッチはしばしお待ちを?☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

未だ未勝利。負傷者続出。CLから流れが変わることを祈りつつ・・・【2015-16 Lega Serie A 第3節 Juventus vs Chievo】


まさかの連敗スタート。
そして、希望の光となりえる、お目当てのビッグネームのトップ下は見事に逃しました。
ゲッツェ、、、ドラクスラー、、、

なんとか獲得できたのは、インテルからセリエでの実績十分のエルナネス。
ラツィオ時代のミドルシュートはインパクト大でしたが、フィットするでしょうか。
帳尻合わせにならないことを祈ります。

そのエルナネス。
2試合で機能しなかったパドインをベンチへ追いやり、さっそくトップ下でスタメン起用。
(パドイン、まさかのCLメンバー登録されず。アンカー起用はミスでしょう。
 守りのマルチロールを登録しないで大丈夫?)

マルキージオが待望の復帰を果たすも、前半のうちにまたもや負傷。
後半からはポグバ投入ということで、見事に温存失敗。

ストゥラーロ、ペレイラの機動力でここ2試合よりゴールには近づくも、今年は遠いゴール。

こうなるといつものパターン。
ワンチャンスのミドルシュートで先制を許す。

試合自体は決して悪い出来ではないが、なんとなく詰めが甘い。
テベス、ビダルなら。。。

ペレイラのシュートはポストに嫌われ、跳ね返りをポグバのシュートもDFに阻まれ、さらにこぼれ球をディバラがシュートも枠外へ。

全体的にバタバタ感が否めない。まだまだ試運転だと言い聞かせ。

68分のエルナネス。後半からアンカーへ下がりましたが、ゴール前へ顔を出しての強烈ミドル!!
いいねいいね。
FKも雰囲気があります。

クアドラードのドリブル。セリエではやはり効果的のようです。
4-3-3にシステム変えます?
PKも奪えましたし。
とはいえ、相手DFがあそこまで来てくれて大助かり。あの位置から折り返せないでしょ。

ディバラのPKで同点。2試合連続ゴール。
押せ押せで攻めるユヴェントス。
初めからこれを見せてくれる日を待っています。

さりげないターンオーバーでも勝てると思ったが、なんとかドローが精いっぱい。
ブッフォンのスーパーセーブがなければ、3連敗。

去年までの武器。
DF裏へのタッチダウンパスがほとんどない。
ピルロ→リヒトシュタイナー
マルキージオも時折見せるも、負傷で未だチャンスなし。

次はCLシティ戦。

プレミアリーグ絶好調の相手とセリエA絶不調のチームがぶつかる。
なんとかユヴェントスの誇りを胸に、今シーズン初勝利を!





2015-16 Lega Serie A 第3節
Juventus
logo_juve
1 0-1 1 Chievo
logo_chievo
1-0

ディバラ
5′
83′
ヘテマイ
16
7
SHOTS
ON GOAL
7
3
32:08 BALL Possession 13:25



⇒ 元ユーヴェのペペ。あたたかい拍手でお出迎え。☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ

5連覇を狙うシーズンは、まさかの黒星スタート【2015-16 Lega Serie A 第1節 Juventus vs Udinese】


ベルリンで涙を流したピルロ、意気揚々とボカへ帰還したテベス、チリで飲酒運転&大事故を起こしたビダルが去ったユヴェントス。
ディバラ、マンジュキッチ、ケディラ、サンドロと例年にない積極的な補強を見せています。
残るピースはトップ下のビッグネームのみ。

のはずですが、、、

いよいよ待望の15-16シーズンがスタート。
重鎮の抜けた穴。まさか埋めるべき選手も怪我で離脱とは。

最悪の船出です。

代役のパドイン。安定感はあるが、クリエイティブな面でやはり格が違う気が。
どこでもできるという選手は、どこでも絶対的な成果は上げられないのです!
平均的なパフォーマンス、使い勝手の良さが持ち味の選手ですから、しょうがないのですが。
去年までのピルロ、後を引き継ぐマルキージオに比べるとやはり不満が募るばかり。

攻めても攻めても奪えない得点。
こんな時、よくある話。
ワンチャンスで失点。
リヒトシュタイナーがよくぞフリーにしてくれました。

スタッツを見ても、とても負けるような内容ではなかったのですが、これぞサッカー。
久しぶりにホームでの敗戦。
スタジアムも経験しえない事に、異様な雰囲気でした。
まあ、負けるなら開幕戦のこのカードだとは思いましたが。

スーパーカップに続き、コマン→ディバラの順で選手起用。
ディバラが入ってから攻撃が活性化。
2度のチャンスを生かせなかったので、そろそろディバラのスタメンかと。
ドリブルは目を見張るのですが、いかんせん体の細さが気になります。

拝啓 アッレグリ
コマンはトップというより、サイドに張ったウイングが適役かと存じます。
それよりもディバラのプレーがもっと見たいです。
満足いくトップ下が獲得できないのなら『マンジュキッチ、ディバラ、コマン』の3トップもありでしょう。
以上、ご検討いただけると幸いです。
敬具

といった感じでしょうか。

次戦は早くも大一番。ローマ戦が控えます。
夏のメルカート閉幕間際。
ドラクスラー、ゲッツェ、クアドラード等の名前が挙がりますが、
ビッグディテールがあるのでしょうか?

15-16シーズンのメンバーがそろそろ確定します!


2015-16 Lega Serie A 第1節
Juventus
logo_juve
0 0-0 1 Udinese
logo_udinese
0-1
78′ テロ
19
8
SHOTS
ON GOAL
5
2
30:28 BALL Possession 16:45



⇒ きっと来るよね。トップ下☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ