カテゴリー : Book Review

Book Review 【大往生したけりゃ医療と関わるな】


『病院は”いのちがけ”で行くところ』
全くその通り。僕も常々そう言い続けている。
僕は病院なんて、コンタクト処方のために眼科しか行かない。
(筆者の父は、眼科で失明したらしい。お~恐ろしい・・・)
常日頃から、入院するときは死ぬ時だと周囲に明言している。
と、言いながらも病院に勤務しているが、それはあくまでもビジネス。
僕が勤務している病院には、意識がなく横たわり、何かわからないチューブと器械につながれている老人が多数。
食事は無理やり口から、または鼻からや胃に直接投入。のどに詰まると、鼻から1~2センチも太さがあるカテーテルを通し、吸引。
意識がないから苦しくもないのだろうか。そもそも患者の尊厳とは何なのだろうか。
僕はそんなの絶対に御免こうむる。人間は自分で食べられなくなったら終わり。それでいいではないか。
筆者が作成している医療行為の事前指示。これは本人にとっても、医療費・年金の高騰に悩む国にとっても望ましいものだろう。
先日、厚労省が「健康寿命」なる新しい指標を算出して発表したが、これにより“長寿大国日本”の現実が浮き彫りになった。
健康寿命とは、「介護を受けたり病気で寝たきりにならず、自立して健康に生活できる」年齢のこと。
発表された数字は、2010年は男性が70.42歳で、女性は73.62歳だった。
これに対し、同年の平均寿命は男性79.55歳、女性が86.3歳。つまり、男性は9年余り、女性は約13年間、健康ではなくても“生かされている”ことが判明した。
これこそ、医療費の無駄遣いの根源。
しかし、医学の進歩とは一体誰のためなのだろう。
細く長く呼吸だけは継続させ、患者には介護という名の拷問を強い、家族は介護に疲弊する。喜ぶのは医者だけ?

老いを認め、年のせいだと思った方が楽に生きることが出来る。
本書を読んで、医療とのかかわり方、死というものについての考え方を1度整理してみることをお勧めする。




大往生したけりゃ医療とかかわるな
著者/訳者:中村 仁一
出版社:幻冬舎( 2012-01-28 )
定価:¥ 1,680
楽天価格:¥ 1,680
新書 ( 213 ページ )
ISBN-10 : 4344982487
ISBN-13 : 9784344982482






⇒ 自然死の姿を見せることは最後の務めです☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


Book Review 【シャアに学ぶ”逆境”に克つ仕事術】


ガンダム世代の人にとって、書店で目にしたら必ずといって手に取ってしまうでしょう。
あまりガンダムに詳しくない僕も思わず手に取ってしまった。
シャア=クワトロ・バジーナという事を知ったのは、確かゲームがきっかけだったはず。
アムロのライバルだったシャアが、いつの間にか味方になり、また敵になる。
”昨日の敵は今日の友”だけでなく”今日の友は明日は敵”だろうか。
終身雇用制度が崩壊してしまった現代において、隣の席の同僚は明日からライバル会社に移籍するかもしれない。また逆もしかり。
人気アニメキャラクターを題材に、ビジネスマンとしての心がけ、中間管理職としてのあるべき姿を説いている。
”逆境に克つ能力”とは、自らを変革することが出来る力。1年戦争時の周囲の人間を信用せずに、すべてを自分で行っていたシャア、名を変えカミーユを指導しながらも自分自身の信念に基づき成果を挙げるクワトロ。そして再び名を戻し、最後の戦いに挑むシャア。
本書では1流プレーヤーから1流のプレーイングマネージャへの転身と評している。
ビジネス書としてはありふれた内容だが、その内容をシャアを中心として、ガンダムのキャラクターに置き換えると興味深いものになる。妙に親近感がわくといった感じ。ビジネス書を読むのは苦手だが、ガンダムは好きだったという40代のガンダム世代のビジネスマンにはすんなり頭に入るだろう。各章のタイトルに、登場キャラクター名が含まれているのも一役買っているはず。
ガンダムの名セリフを、ビジネス戦士バージョンに置き換えて表現しているコーナーは一見の価値あり。
『時代を変えるのは老人ではない!』どんな場面でシャアがこのセリフを発したのか。
未だに全てを見終えていないガンダムシリーズを久しぶりに見てみたいと思った。




シャアに学ぶ“逆境”に克つ仕事術
著者/訳者:鈴木 博毅
出版社:日本実業出版社( 2012-03-15 )
定価:¥ 1,470
楽天価格:¥ 1,470
単行本(ソフトカバー) ( 222 ページ )
ISBN-10 : 4534049005
ISBN-13 : 9784534049001






⇒ あなたのクリックが僕を覚醒させます!

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Book Review 【戦術リストランテ】


筆者、西部謙司氏がサッカー雑誌『footballista』で連載している同名のコラムを書籍化したもの。
サッカーの戦術やフォーメーションについて最深部まで突き詰めようとしているのだが、これはサッカー雑誌等でたまに読むので飽きずに読めるのであって、1冊の書籍となってしまうと数10ページで読むのがつらくなってきたというのが正直な感想。
そもそも、フォーメーション論なんて机上の空論。試合が始まれば想定外の連続で、フォーメーションはどうなるのだろうか。
とりあえず、この本で読み込んだのは、チャンピオンズリーグで上位進出するチームに1トップが急増した理由、バルセロナに勝つ秘訣。
来シーズン、ヨーロッパの舞台に戻ってくるユヴェントスのフォーメーションや如何に?
本当にもう戦術論なんてお腹いっぱい。これではサッカー評論家にはなれませんか。



戦術リストランテ
著者/訳者:西部 謙司
出版社:ソル・メディア( 2011-09-09 )
定価:¥ 1,680
楽天価格:¥ 1,680
単行本 ( 256 ページ )
ISBN-10 : 4905349036
ISBN-13 : 9784905349037






⇒ ブラジルまでの険しい道のりはまだまだ続く☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Book Review 【なぜボランチはムダなパスを出すのか?】


インパクトのあるタイトルですね。”ムダなパス”なんて。
この本は、日本代表でガンバ大阪の中心選手である遠藤を中心に、時折、スペイン代表でバルセロナの中心選手であるシャビも例に挙げ展開している。
どちらのチームもボールポゼッションを第一とし、自分たちのペースを大事にしてサッカーをするチーム。
そのチームの中心選手、ボランチとして君臨している両者。ボランチといえば、”汗かき役”とか”守備の人”というイメージが強かったが、最近は”ゲームメーカー”や”司令塔”というイメージになりつつある。
そんな両者(特に遠藤)の一見ムダに見えるバックパスや横パスにも深い意味がある。彼らには一体どんな意図があるのか。
ところで、遠藤といえばシドニーオリンピックでは予備登録どまり。その後もオリンピックでオーバーエージ枠に選ばれると体調を崩すというジンクスがある。ロンドンにも候補として挙がっているが、彼自身でなく、ガンバの調子があまりにも悪いので今回も辞退だろう。縁がないとしか言えないね。

ところで、本書で最も印象に残っているのは、『ボランチはセンターサークルから出るな』という言葉。
実際にはそんなことは無理なのだが、そういう意識でいるべきだ。
チームの中央に位置している人が動きすぎると、味方が混乱する。
自分達がボールを動かせば、それにつられて相手が動く。そうすることで、フリーの選手は作り出せる。と指導していたのは、バルセロナでコーチを務めた経験もある、元横浜フリューゲルス監督のレシャック。
ちなみに遠藤のルーキーイヤーの監督。本当にわずかな期間しか指導されていないが、最も影響を受けている指導者らしい。
いつまでも遠藤に頼っているチームもどうかと思うが、彼を超える選手がいないことも事実。年齢的にも最後のワールドカップ、オリンピック。悔いを残さないようにプレーして欲しい。

↓帯も遠藤にすれば売れたでしょうに。少なくとも日本では。



なぜボランチはムダなパスを出すのか?
著者/訳者:北 健一郎
出版社:白夜書房( 2011-12-20 )
定価:¥ 945
楽天価格:¥ 945
新書 ( 189 ページ )
ISBN-10 : 4861918332
ISBN-13 : 9784861918339





⇒ ブラジルまでの険しい道のりはまだまだ続く☆

blogramのブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Book Review 【実は悲惨な公務員】


別に悲惨でも何でもないでしょう。
身分保障と右肩上がりの給与体系。この2つがある限り、民間より悲惨な状況に陥ることはないでしょうね。
(ただし、うつ病になる人は恐ろしく多い。自殺者も。僕の同期だった奴も自らでした。合掌・・・)
夕張市のようにならなければの話ですが。

元国家公務員である筆者が、お役所の恵まれている点やいわゆる役所の論理(悪い点ともいえる)、逆に悲惨なバッシングの現場について紹介している。
筆者と同じように官民両方に籍を置いた経験を持つ僕に言わせてもらえれば、やはりお役所はお気楽だったと。
もちろん、中には悲惨な部署もあります。業務内容もさることながら、残業の有無等、労働条件も過酷です。
しかし、それを上回るだけのとにかく余計な(うれしい)手当が多い。
窓口にいる職員には『窓口対応手当』・・・(窓口対応による心理的負担軽減のため?)、証明書発行手数料など金銭を取り扱う職員には『金銭取扱手当』
・・・(金銭を取り扱う心理的負担軽減のため?)、日帰りで役所対抗のグランドゴルフ大会に参加すれば出張手当選挙に立ち会えば休日出勤手当etc…

悔しいなら試験に合格して、公務員になれよという声がよく聞かれるが、そう言わせないためにもなりました。どれだけ楽な世界なのか経験したくて。
全く興味はないし、一気に老け込みそうで最も嫌いな業種でしたが、ただただその世界を見てみたくて。

さて、どんな世界なのか。簡単に1冊本が書けるでしょうね。
当然の事ですが、公務員になりたい人は、1度民間を経験してから、公務員になることをお勧めします。どうせ、新卒時の就職先なんて3年以内に30%が辞めてしまう時代です。1度、民間の理不尽さを経験してから公務員になれば天国に感じるでしょう。(人として成長できるかは別ですが)
人生の見通しも立ちやすいです。”民間の経験を生かして”なんて面接で力説すれば、きれいごとが好きな連中です。すぐに採用?
逆に公務員から民間というパターンは余程の情熱がない限り、やめておいた方が賢明です。”公務員も務まらないくせに”という陰口が付いて回るかもしれません。



実は悲惨な公務員
著者/訳者:山本 直治
出版社:光文社( 2008-03 )
定価:¥ 798
楽天価格:¥ 798
新書 ( 252 ページ )
ISBN-10 : 4334034438
ISBN-13 : 9784334034436


Book Review 【愛娘にさよならを】


『殺してもいい命』から数か月。
左腕に重傷を負った雪平夏見は捜査1課の刑事ではなく、警務部に異動していた。
それでも彼女に付きまとう殺人事件。やはり”雪平夏見”には殺人事件が似合う?

次々と起きる3つの凄惨な殺人事件。
そして現場に残された”ひとごろし、がんばりました”のメッセージ。
被害者に共通点は見当たらないのだが。
事件前に送られる少女からの手紙。
”たのしみにしています。ひとごろし、がんばってください。”
黒幕の正体はまさか本当に少女?それとも?

事件のクライマックスに描かれている2011年の忘れられない忌まわしい記憶。
舞台はもちろん異なるがこれを風化させないために筆者は筆にしたためたのだろう。

目の下に残る、涙の形をした小さな青の刺青。前作『殺してもいい命』で残った謎が解明。あまりにひどい仕打ち。
ところで、前作の犯人はどうなったのか。たしか雪平は撃たなかったはず。

しかし、推理小説を読むのはなかなか難しい。
プロローグに描かれる何気ない出来事が、実は重要な意味を持ち、クライマックス直前で1本の線になる。
なかなかそこまでプロローグの内容までは記憶していない。ゆえにエンディングの後に再度プロローグを見返すこと何作品か。
なんだか作者に負けた気分?
やはり2度読みできるような時間にゆとりある生活をしたいと改めて思う。




愛娘にさよならを
著者/訳者:秦 建日子
出版社:河出書房新社( 2011-09-07 )
定価:¥ 1,575
楽天価格:¥ 1,575
単行本 ( 260 ページ )
ISBN-10 : 4309020534
ISBN-13 : 9784309020532


Book Review 【恋はあなたのすべてじゃない】


言わずと知れた恋愛作家『石田衣良』のエッセイ。
すべての恋をする、したい、または疲れた女性に向けた筆者らしい流暢で優しいメッセージ。
ちなみに、わが妻は感想を一言だけ。
”やっぱり男目線だね~”
そりゃそうだ。石田衣良は男だもの。

恋愛については特に胸に響くものはなかったが、次の部分は僕と全く同じ考え。
ゆえに勝手に親近感がさらにアップ!
『人生から面倒をなくしたら、つまらない。生きることを簡単にしないほうがいい』
面倒だからこそ人生は面白い。創意工夫しながら人生を楽しく過ごしていきましょう!
女性は、巻末の”いい恋愛のための7か条”だけでも一読の価値あり。



恋は、あなたのすべてじゃない
著者/訳者:石田 衣良
出版社:青春出版社( 2006-11-01 )
定価:¥ 1,260
楽天価格:¥ 1,260
単行本 ( 176 ページ )
ISBN-10 : 4413036158
ISBN-13 : 9784413036153


Book Review 【いつも忙しい時間貧乏をやめる7つの方法】


時間に追われている忙しいビジネスパーソンが仕事をこなしながらも、自分の時間をきちんと確保する方法をまとめている本。
”ズラす””前倒しする””分解する””楽しくする””捨てる””買う””俯瞰する”という7つの方法で具体的にアプローチしている。
ちなみに、ビジネスパーソンだけでなく主婦や学生の皆さんにも対応可能。これであなたも自分の時間を取り戻すことができる!

意外と無意識のうちに自分でも実行しているなと。
しかし、筆者と相反しているのは、区切りがある朝時間を重要視している筆者と、ある程度エンドレスに近い状態で時間が使える夜時間を重要視している僕。
最近読む本では、どれも朝重視の生活を勧めている。そろそろ考えなくてはと思うのだが、こればかりはなかなか踏ん切りがつかない。
そういえば筆者の職業。以前はマネックス証券の代表取締役だったのだが、今は外資系証券会社のディレクター。他にも講演や執筆活動など多数。
尽きない向上心、環境の変化を恐れない勇気。見習う点が多い。




いつも忙しい時間貧乏をやめる7つの方法
著者/訳者:内藤 忍
出版社:あさ出版( 2012-01-23 )
定価:¥ 1,365
楽天価格:¥ 1,365
単行本(ソフトカバー) ( 189 ページ )
ISBN-10 : 4860634934
ISBN-13 : 9784860634933


Book Review 【「寝る前30分」で人生が変わる】


”寝るまでの30分は1日の最後にプレゼントされた安息の時間”
自分なりの手順や習慣に従って長かった1日を締めくくる事が大事と筆者は述べる。

「寝る前の30分」という単位にとことんこだわり、翌朝を快適に迎え1日を過ごせるように出来る方法。かなりの方法が例示されているので、どれかは実践できるのではないだろうか。

とにかく、夜更かしせずに早く寝る。明日を新鮮な気持ちで迎える。
これがまた簡単なようで非常に難しい。
夜は誘惑がいっぱい。意外と落ち着いて読書やサイト作成ができるので、時間を忘れて没頭。
すると夜更かし→翌日寝ぼけまなこで起床。
だって夜になると目が覚めるのだから。いつもの僕のいい訳。

人生を変えるために早寝早起き。
早速明日から心がけよう!

”明日やろうは馬鹿野郎だ!”
昔見ていたくだらないドラマのセリフを思い出した。
いつからやろう・・・。
今からでしょう!




「寝る前30分」で人生が変わる
著者/訳者:和田 秀樹
出版社:新講社( 2008-04 )
定価:¥ 1,365
楽天価格:¥ 1,365
単行本 ( 189 ページ )
ISBN-10 : 4860812085
ISBN-13 : 9784860812089



Book Review 【マンション選びは「立地」がすべて】


最近のマイブーム。
『マンション購入準備』のために参考になるかなと手に取った本。

マンションの立地を通勤と生活の面から考え12タイプに分類。
その中からシングル、DINKS、ファミリー、シニアカップルのライフステージ
妻の働き方、子育て、生活の中心としたいものなどを基準に絞り込むことで自分に合った街が選択できるといった内容。

しかし、具体的に例示されている街が残念ながら首都圏。
それ以外の物件を検討している方には不向きな本。
誰もがマンション購入の最重要点は立地だということは認識しているだろうと思っていたが、このような本があるということは意外とそうでもないのだろうか。

とはいえ、”第5章 選んだ街の物件が予算オーバー!その対処法は”は具体例がいくつか列挙されているので、一読の価値ありといったところ。




マンション選びは「立地」がすべて
著者/訳者:大久保 恭子
出版社:河出書房新社( 2008-07-12 )
定価:¥ 1,365
楽天価格:¥ 1,365
単行本 ( 181 ページ )
ISBN-10 : 4309270239
ISBN-13 : 9784309270234



1 / 212