Book Review – 【9割をリピーターにするディズニーランドの人の育て方 ~ なぜ、9割のバイトが「満足」を売れるのか? ~】

       

3.11東日本大震災であらためて感じたディズニーランド全体が共有している
”真のもてなしの心”とそれを可能にしている”人材育成マネジメント”
そこには創業者であるウォルト・ディズニー氏のパークに対する思い
『ここは僕自身の遊び場なんだ』という言葉に秘められている。


仕事に喜び、やりがいを見出してゲストの笑顔の為に最善を尽くす。
そのために必要なのは”スタッフ1人1人が主人公になれる舞台を作り出すこと”
そして、仕事を通じて人を育てることはもちろんだが、
ランドで育成するのは上手に仕事ができる人間ではない。
ランドが目指しているのは自ら学び、そして育っていく人間の集団。
そのためにランドが行っている他とは1味違うマネジメントとは何か。


創業者自らが生き物と評したパークで『ゲストよし、キャストよし、社会よし』を目指す熱い情熱の源が理解できる本。



(主な内容)
パート1 ・・・ 3.11東日本大震災で見せたディズニーランドの底力
パート2 ・・・ 「自分が主人公になれる職場」が生み出すパワー
パート3 ・・・ なぜ、どんな人でもモチベーションを高められるのか
パート4 ・・・ なぜ、創業者の考え、思想を伝えることが大切なのか
パート5 ・・・ ディズニーランドの育て合う最強の人づくり
パート6 ・・・ 組織も人も活性化するマネジメントとは何か



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。



   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。