太陽様が沈む日

       

先日、ショッキングですが大方予想がついたニュースが世間を賑わしました。

『フロンターレ、ジュニーニョと契約延長せず』

川崎フロンターレが2007年得点王のFWジュニーニョと契約を延長せず、今シーズン限りで退団することを発表しました。
確かに、今シーズンの調子は今一つでしたし、年齢的なものをあってか全盛期の凄味は感じられませんでした。
今シーズンの成績、今後のビジョンを加味してのチームとしての決断だと思います。

毎年のように中東移籍、その前にはベティス移籍なんて噂もありましたが、最後まで川崎愛を貫いてくれました。
そして、日本代表まで上り詰めた憲剛を育てたのは間違いなくジュニーニョ。彼自身も帰化して日本代表入りという話もありました。
(ちなみに2人は同年入団)
ドリブル、シュート、パス、人間性のどれも超一流。唯一足りないのはJ1タイトルと少しだけの約束時間を守る気持ちだけでした。

これでフロンターレの1つの時代が確実に終わりました。
関さん、我那覇、チョンテセ、森クン、ショージ、マギヌンそしてジュニーニョ。
とうとう憲剛を残してみんな川崎を去ってしまうことになりました。
簡単に失点はするが、それ以上に得点もする。ホームでは、よくも悪くも”等々力劇場”と言われるほど目の離せない試合をして楽しませてくれる。
いつの間にか強豪チームに数えられるようになりましたが、その最大の功労者は”川崎の太陽”やはりジュニーニョだと思います。

ジュニーニョのラストゲームはJ1最終戦のジュビロ戦(AWAY)。
川崎の太陽としての最後の雄姿を目に焼き付けようと思います。
太陽様ありがとう!あなたは最高の選手でした☆


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。