2011 ドラフト会議

       

今年もドラフト会議が行われました。
毎年様々なドラマが繰り広げられますが
今年の注目は東海大の菅野投手。

巨人の原監督の甥で巨人とは相思相愛とのこと。
他の球団も指名を躊躇するのではという噂でした。

ふたを開けてみれば、日本ハムとの抽選で交渉権は日本ハムが獲得。
もちろん単独指名だと思っていたであろう原監督は抽選すら辞退。
しかも、日本ハムに交渉権を奪われショックを隠し切れない様子でした。
当の菅野投手も胴上げは中止。表情はさえないまま。

後で、知りましたが菅野サイドは巨人以外は社会人入りまたはメジャー挑戦と
他の球団を牽制していたそうです。

おかしな話ですね。逆指名制度はなくなり、完全抽選になったはず。
つまり脅しですか。
行きたくないなら長野選手のように拒否すればいいと思います。
日本ハムは1番に評価していた選手を指名するという当然のことをしたまでです。
指名前のあいさつがなかったとか関係あるんですかね~。

中田選手や斉藤選手の時も抽選に勝ちましたが、今回もでした。
日本ハムの抽選の強さには天晴れです!

(そういえば、大学卒業時の長野選手の交渉権も得たような気が・・・。)

東大に入るより狭き門をくぐり抜けた指名選手です。
日々努力して、切磋琢磨し、活躍してほしいですね。


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。