精度【2016-17 Lega Serie A 第12節 Chievo vs Juventus】

       

CLリヨン戦はドロー。
この試合は疲労を考慮してのスタメン。マルキージオ、ボヌッチはベンチスタート。
なるべくなら使いたくなかったボヌッチですが、まさかのバルザーリ負傷で開始2分でカードを切ることに。

ボールが落ち着かず、グラウンドと同じように荒れた試合。
ようやく奪えた先制点は、散々チャンスを外し続けたマンジュキッチ。
これで波に乗れるかと思いきや、63分に大ピンチ。ブッフォンの神セーブでしのぐも、直後にリヒトシュタイナーがPK献上で同点に。

キエーヴォの中盤省略の大味サッカーにお付き合いのユヴェントス。
なんとなく漂うドロー臭を払しょくしたのはピアニッチ。
まさかここで決めてくれないよな~と思うと、決めてくれる雰囲気を醸し出すピアニッチ。まさにゴールへの優しいパス。

3点目を奪うチャンスはあったのに、ストゥラーロ、クアドラードが決めきれず。外す方が難しいように思えましたが、大事に至らず一安心。それにしても、クアドラード。とんでもない高難度のシュートは決めるが、外す方が難しい低難度のシュートをあっさり外すという、往年のクライファートを彷彿。

ロスタイムにピアニッチの見せ場再び。これも枠をとらえるも、今度はソレンティーノがビッグセーブでお返し。
最後の最後にキエーヴォが思わぬ反撃を見せ、ヒヤヒヤものの勝利。要所に見られた連戦の疲れ。それでも光るピアニッチのキックの精度。




2016-17 Lega Serie A 第12節
Chievo
logo_chievo
1 0-0 2 Juventus
logo_juve
1-2

ペリシエ
53′
66′
75′
マンジュキッチ

ピアニッチ
7
2
SHOTS
ON GOAL
14
6
19:22 BALL Possession 28:27



⇒ つかまれても倒れないイグアイン☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。