完全に支配するも、最下位チームにまさかのスコアレスドロー【2015-16 UEFA Champions League GroupStage 第3節 Juventus vs Borussia VfL Mönchengladbach】

       

イタリアダービーの後のCL第3戦。
これまで2連勝中のユヴェントスと2連敗中のメンヘングラードバッハ。
舞台はホーム、ユヴェントススタジアム。
そして徐々に戻りつつある怪我人。
この試合はマルキージオが復帰。代表戦で負傷したモラタも無事にスタメン。
負けるはずはないはず。
何点差となるかを楽しみしていたのですが。

結果はまさかのスコアレスドロー。
相手の枠内シュートは0本と完全に支配、コントロールするも、ユヴェントスも数多いチャンスを生かせず。
あと1歩のところで得点を奪えませんでした。
それにしても、いいかげんマンジュキッチには見切りをつけたほうがいい気もします。

3試合を終えて、首位をキープするもすぐ後ろにはセビージャが迫ってきています。

冬にテベスが帰ってくるとか、来ないとか。
でもそれくらいの劇薬がないと、チーム状態が改善しない気がします。


UEFA Champions League
GroupStage 第3節
Juventus
logo_juve
0 0-0 0 Borussia VfL Mönchengladbach
logo_Sevilla
0-0
21
2
SHOTS
ON GOAL
6
0
55% BALL Possession 45%



⇒ クアドラードは今日もキレキレ☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。