俺たちは噛ませ犬じゃない!はずなのに・・・【2014-15 UEFA Champions League GroupStage 第3節 Olympiacos vs Juventus】

       

前節のアトレチコマドリード戦は痛い敗戦。
2試合を終えて4チームが勝ち点で並ぶという混戦状態が続いています。

大事なオリンピアコス戦。
前半のプレー精度の低さ。攻撃が形にならず大苦戦。
それどころか、ピルロのパスミスを奪われてのカウンターから、ど真ん中を割られての先制点を献上!
ピルロの出来も良くはなかったが、他の選手も出来も悪く、少しずつパスがずれてしまい、配球役のピルロも一苦労。
前半は圧倒的に支配されました。

後半に入り徐々にエンジンがかかり、テベス、モラタのボレーなど惜しいシュートが見られ始めます。
が、なぜか前評判があまり芳しくない相手GKロベルトが止める止める。
まるで噛ませ犬状態のユヴェントス。
ギリシャ王者に敗戦となり、1勝2敗となりました。
このグループはホームチームが勝つという流れなのでしょうか。
ということは、リターンマッチとなるオリンピアコス戦はホームで確実に勝ちに行きましょう。この試合も勝ちに行ってるとは思いますが。

それにしても、モラタのターンからのシュートは美しかった。
あとはゴールという結果だけ。
次節に期待しましょう!


UEFA Champions League
GroupStage 第3節
Olympiacos
logo_olympiacos
1 1-0 0 Juventus
logo_juve
0-0
カサミ 36′
9
5
SHOTS
ON GOAL
18
6
42% BALL Possession 58%



⇒ 今年こそ・・・☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。