荒れる復帰戦!【2014-15 Lega Serie A 第6節 Juventus vs Roma】

       

いよいよピルロ出陣!
アッレグリとはミラン時代の確執も噂されますが、そこはプロフェッショナルだと信じましょう。
それにしても、初出場が全勝対決のローマ戦とは。
慣らし運転無しのいきなりアクセル全開。

ピルロがスタメンで外れるのは、マルキージオと思いきや、ビダル。
夜遊びが原因とも伝えられますが、ローテーションだと信じましょう。
なんともハイレベルはスタメン争い!

両チームとも、速い攻守の切り替え。
熱い試合の雰囲気にのまれたか、レフェリーがカード連発の末に、ユヴェントスがPKで先制!
の後は予想通りの帳尻合わせでローマもPKで同点。
なんとユヴェントスはこれが初失点。
に続いて、逆転ゴールは見事に崩されました。
が、前半終了間際にきわどいPKでまたも同点に。
ローマのガルシア監督もバイオリンを弾いて退席処分で、どんな後半になるかと思いましたが、さすがは首位攻防の試合。
落ち着きを取り戻し、お互いにらしさを魅せる攻撃。

ジョレンテに代えてモラタ。
ボールの持ち方がなんともC.ロナウドを彷彿とさせますが。
僕だけでしょうか。

白熱の首位攻防。
決勝点は意外な選手が意外な形で。
CKのこぼれ球をボヌッチが見事なボレー!
これまた、ビダルの位置がオフサイドでは?
なんて見方も。

試合の締めはモラタとマドラスの両者1発レッド。
一触即発のままにタイムアップ。

終了間際、時間稼ぎに入るテベスへのレッド!!
ではなく、イエロー。

なんだかレフェリーが一番この試合にのまれていましたね。
イタリアでは優秀な方らしいですが、後に引きそうなジャッジでした。

ローマは懐かしのトッティゼロトップ。
いい試合ではないも、両チームの熱い思いが伝わる試合で、あっというまの90分でした。

これでユヴェントスは6連勝!
また試合後の舌戦が繰り広げられるのでしょう。
ネタは十分。
お楽しみに。



2014-15 Lega Serie A 第6節
Juventus
logo_juve
3 2-2 2 Roma
logo_roma
1-0
テベス


テベス
ボヌッチ
27′
32′
44′
45’+
86′

トッティ
イトゥルベ
13
7
SHOTS
ON GOAL
7
2
28:35 BALL Possession 30:31



⇒ アッレグリとピルロ。大人の関係でお願いします☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。