王者の貫録!テベスのゴールでミランを一蹴【2014-15 Lega Serie A 第3節 Miran vs Juventus】ID:r8av3q

       

ピルロは間に合わず、ビダルもなんとかベンチ入り。
左ワイドはアサモア。
マルメ戦のように、センターにアサモア、左ワイドにエブラというのが良かった気がしますが。
マルキージオがメネズをしっかりとケアし、起点を作らせない。
ピルロに比べると、パスの精度・創造性は落ちるも、フィジカル面では圧勝。
しかも、ピルロを意識しているようなパス出し。今後に期待できます。

前半のユヴェントスのチャンスは、そのマルキージオの左足シュートがポストに直撃。
ミランは本田のヘディングがブッフォンの正面。3戦連続ゴールなるか。
それにしても、本田が走ること走ること。
日本代表でもこれくらい走れば違うのに。
それはさておき、インザーギは男前。
しかも、ちゃんと監督してますね。

対するアッレグリ。
キャンプ初日、まさかのコンテ辞任から、突然の就任。
ここまで3試合、クリーンシートでの3連勝と結果は残しています。
が、それでも絶対に負けてはいけないミラン戦。
自信のプライドの為にも、ユベンティーノの信頼を勝ち取るためにも。

ポグバが攻守に躍動。本当に残留してくれてよかった。
トップ近くに構えてのボール捌きは効果的でした。
新加入のペレイラもなかなかいい選手。風貌もビダルにソックリ。
ピルロ、ビダル、ポグバ、マルキージオ、ペレイラ
アッレグリは中盤の構成をどうするのでしょうか??
嬉しい悲鳴は昨シーズン以上。

守るミランに攻めるユヴェントス。
ホームのミランにはカウンターからメネズしか策なし。

膠着状態が続いた70分。
それを破ったのは、やはりテベス。
縦パスをポグバに通し、リターンパスを受け、ゴールに流し込み先制。
お手本通りのパスアンドゴー。
2節のウディネーゼ、CLマルメ戦に続き3戦連発!

ペレイラに代え、ビダル投入。
今シーズン初プレー。
らしい飛び出しも1度見られ、コンディションが戻れば徐々にプレー時間も増えるでしょう。

試合を通じてのファーストチェックの速さとボール回しのうまさ。
ミッドウィークに試合をしたとは思えないプレーの質と量。
チームとしての成熟度が完全に表れ、勝敗を分けた試合でした。



2014-15 Lega Serie A 第3節
Miran
logo_miran
0 0-0 1 Juventus
logo_juve
0-1
71′ テベス
4
3
SHOTS
ON GOAL
11
6
26:03 BALL Possession 32:34



⇒ ピルロ抜きでもこの強さ☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。