終了間際にまさかの失点。今年もグループリーグ突破に黄信号!【2012-13 UEFA Champions League GroupStage 第2節 Juventus vs Galatasaray】

       

初戦をまさかのドロー発進。
どうしても勝ち点3が欲しかったこの試合も、つかみかけた勝利がスルリ。
序盤戦、いつもの事といえば、いつもの事なのですが。

トリノ戦での負傷が心配されたテベスは無事にスタメン出場。
代わりに、試合中の負傷で2枚のカードを切らざる負えなかったのが痛かった。


ガラタサライといえば、やはりドログバ。
ドログバやはり強い。ビダルがあっさり飛ばされる。
角度のないところから強烈シュート。
ほとんど崩されていないのに。
戦術ドログバ恐るべし。

ピルロからの浮き球パス。ヴチニッチが絶妙のトラップで抜け出すもシュートまでは至らず。
このプレーでヴチニッチが無念の途中交代。
CL男クアリアレッラ登場。

36分、ボヌッチのバックパスが短く、ドログバにさらわれ先制される。
この間はキエッリーニがバックパスをさらわれ失点。
完全に崩されていないだけに、もったいない。

後半スタート時にリヒトシュタイナーout、イスラin
なぜ??と思ったが、負傷交代。
リードされているのに、負傷交代でカード2枚を切らざる負えない展開とは厳しい戦い。

一方的に攻めるも、ドログバ、スナイデルを残し全員で守るガラタサライを崩せない。
最後のカードはジョレンテ。というか、唯一の戦術的カード。
ボヌッチを下げて勝負!
早速、アサモアからのクロスをジョレンテ。
強烈なヘッドもクロスバーの上。
マンチーニもビックリの表情。
攻めるユーヴェ、守るガラタサライ。

ようやくつかんだチャンスは77分。
エリア内でクアリアレッラが倒されPK。素晴らしいターンでファウルを誘発しました。
ビダルが確実に決め同点。

勝ち越しを狙い、圧力を強めるユーヴェ。
サポーターもチャントで後押し。
87分、やはりCL男が試合をひっくり返す。
ピルロのクロスに飛び込んでクアリアレッラ!

で勝利のはずだったのに。

キックオフ直後のロングボール。
ドログバに競り負け、こぼれ球もまさかの同点ゴール・・・。
しょうがないとはいえ、ボヌッチ⇒ジョレンテでDFを1枚削ったのが、いい面も悪い面も。
バルザーリが大外を見逃した??

シュート数27本、支配率57%と完全にユヴェントスのペースだったこの試合。
それでも、勝ちきれない、負けてしまうのがサッカーというスポーツの面白さでもあり、怖さでもありますね。

これで2試合2ドロー。
例年通りのスロースタートとはいえ、この状態でレアルとですか・・・。


UEFA Champions League
GroupStage 第2節
Juventus
logo_juve
2 0-1 2 Galatasaray
logo_galatasaray
2-1

ビダル
クアリアレッラ
36′
78′
87′
88′
ドログバ


ブルト
27
13
SHOTS
ON GOAL
6
4
57% BALL Possession 43%



⇒ 早くも黄色信号☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。