負の連鎖を断ち切る見事な勝利!【2012-13 UEFA Champions League GroupStage 第4節 Juventus vs Nordsjælland】

       

juve-nor
CL予選3連続ドローと既に後がない、しかもインテルに負け不敗記録が途絶えてしまった直後という悪い流れで迎えたノアシェラン戦。
しかも、FWの柱ヴチニッチをけがで欠いてしまうという中でようやく初勝利。
昨年のEL予選から9連続ドローという負の連鎖にようやくピリオドを打てました。
リーグ戦無敗記録の重圧から解放されたことがいい結果につながった気がします。
ありがとう。インテル!

格下ともいえるノアシェランを相手にこの試合は序盤から猛攻。
6分、右ワイドで出場のイスコの正確なクロスにマルキージオが合わせてあっさり先制。
この試合も抜群の運動量で攻守の両面で活躍。

欧州の舞台では久しぶりに先制点を奪えた試合となりましたが、ユヴェントスの問題はここからの追加点。
マルキージオ、ジョビンコがチャンスで枠を捉えられないなど、いやな流れになりつつも攻める姿勢は崩さない。
すると待望の追加点はリーグ戦2試合連続得点中のビダルが奪う。エリア内でのシュートはブロックされるも、守備陣の隙を突いて倒れながらのシュート。
これが意表を突いた形となりゴールにつながる。

これで意気消沈したノアシェラン。ジョビンコにも正確なシュートを決められ万事休す。
ユヴェントスは後半に入り、ビダル、ジョビンコ、キエッリーニに休息を与えることに成功。
最後はCKをマトリがすらしたところにクアリアレッラがヘッドで合わせて4点目。
終わってみればシュートの数はユヴェントス19本(枠内11本)に対して、ノアシェラン3本(枠内1本)と快勝!
久しぶりにヨーロッパの舞台で勝利を挙げました。

あとは、マトリに得点が生まれればいうことなし!
だったのですが1vs1を決められないなどこの日もチャンスを生かせず。
キーパーをかわすのでなく、思い切りのいいシュートが見たかった。
ポストプレーはなかなかなのですが、いかんせんシュートが。
やはりクアリアレッラがスタメンという方が妥当でしょうね。

残るはホームでのチェルシー戦とアウェーでのシャフタール戦。
2連勝しか道は開けないので、なんとか勝利してコンテ監督の采配をヨーロッパの舞台でも見せてください。
アンセムを聞かせてあげて下さい。

チェルシーとシャフタールの試合がドローに終わらなかったことが響きませんように・・・。


UEFA Champions League GroupStage 第4節
Juventus
logo_juve
4 3-0 0 Nordsjælland
nor_logo
1-0
マルキージオ
ビダル
ジョビンコ
クアリアレッラ
6′
23′
37′
75′
19
11
13
SHOTS
ON GOAL
FOUL against
3
1
11
54% BALL Possession 46%



⇒ 目指せ!ビッグイヤー☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。