数的優位を生かせず、2013年は黒星スタート。【2012-13 Lega Serie A 第19節 Juventus vs Sampdoria】

       

ホームにサンプドリアを迎えて行われた、2013年のオープニングゲーム。
キエッリーニを負傷で欠き、ヴチニッチ、ビダルはベンチスタート、リヒトシュタイナーは出場停止。
新加入のペルーゾがいきなりのスタメン出場です。

ボールがなかなか収まらないユヴェントス。ヴチニッチがいない試合はいつもこんな感じ。
そんな中でもジョビンコは絶好調。ドリブル、パスは正確です。しかし、10分、19分と絶好のシュートチャンスを迎えるも決めることが出来ず。(結果的にはこれが痛かったデス)
21分、エリア内へ進入したマルキージオが倒されて、PK獲得。ビダルは不在のため、キッカーはようやくジョビンコ。
コースは読まれるも、ボールスピードに救われてゴール!ユヴェントス先制。ジョビンコにとって、この試合3度目の正直でゴールを決める。

なおも、30分には相手選手に2枚目のイエローで数的優位。
これで、試合はモノにしたと思ったのですが、数的優位な状況になってもボールが収まらない。前半のポゼッションタイムほどにボールを持っている感じがしなかったのは気のせいでしょうか。
立ち上がりから守備的なサンプドリアに対して崩し切ることはできませんでしたが、PKで先制&数的優位を生かして勝ちきれるはずでした。
が、単純なクロスボールの放り込みに、パスミスで一向に試合を決めきることが出来ず。
逆に54分、縦パス1本からの見事なドライブシュートで失点。ブッフォンらしくないミスといえばミスでしたが、たまにはそんなこともあるでしょう。

勝ち越しを狙ってヴチニッチ、クアリアレッラを投入するコンテ。
しかし、69分またもカウンターから失点。攻め込んでもシュートで終われずに縦パス1本でカウンター。
見事にこのパターンにはまってしまいました。イカルディのシュートもブッフォンのニアの上というここしかないところを抜いてきました。お見事!

終盤、自陣にバルザーリとボヌッチだけを残して全員がサンプドリア陣内へ。72分、76分とヴチニッチがシュートを放つもゴールはならず、このままタイムアップ。

2013年は黒星スタートとなりました。しかも、先制して数的優位があった中での逆転負け。悔しいですね。
しかし、長いシーズンです。たまには負けることもあります。今シーズンのここまでが出来過ぎの内容でした。
また気持ちを切り替えて、次戦へ臨んで欲しいですね。
それより、この試合を落としたことよりも心配なのはマルキージオの怪我の具合。
あの痛がり方は尋常ではありませんでした。
交代枠を使い切ってはいましたが、『この試合を捨ててでもベンチへ下がるべきだった』と後々語られることがないことを祈っています。


Lega Serie A 第19節
Juventus
logo_juve
1 1-0 2 Sampdoria
logo_sampdoria
0-2
ジョビンコ 24′
54′
69′

イカルディ
イカルディ
16
8
11
SHOTS
ON GOAL
FOUL against
6
4
13
38:32 BALL Possession 19:54



⇒ 負ける時はこんなものですね☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ