不安の残る3連勝。PKの序列はビダル→ヴチニッチ→??【2012-13 Lega Serie A 第3節 Genoa vs Juventus】 

       

アウェーの地でジェノア戦を迎えるユヴェントス。
今年はCLを見据えての戦いもしなくてはなりません。
ヴチニッチ、ビダル、リヒトシュタイナー、アサモアはベンチに温存。
なるべくなら出場はさせず、水曜日のチェルシー戦に備えたいところ。
楽しみなのは、ルシオ、イスラ、ベントナーがベンチ入り。
控えメンバー、新メンバーがフィットするのか。
そして、台風が接近している中で最後まで放送されるのか。
頑張れユヴェントス!頑張れスカパー!

と思っていたら、開始早々から相手3TOPに押し込まれ何度もピンチ!
ボヌッチのミスも絡んで、シュートを打たれますが、元ユヴェントスとユヴェントスからレンタルの選手のシュートは枠をとらえず。
しかし、17分にボリエッロが体の強さを見せつけ、最後はインモビーレ。
まさかのユヴェントス関連コンビに先制点を与えてしまう。

とにかく、この試合。
”ボールがつながらない、収まらない、拾えない”
敵の作戦
『ピルロにボールを与えない』
これが前半、はまってしまいました。
ピルロにマンマーク、マルキージオにもすぐにチェック。

これで、ユヴェントスのボール回しは完全に遮断。
あとは、マトリには自由にプレーさせる。
”ボールが収まらない、引き出せない、枠に飛ばない”
やはり、ヴチニッチの代役には厳しいかと。

CLを考えての温存。もしかしたら早速の捨てゲームかと思いました。
(後半スタート時に”メンバー交代なし”でしたし)
しかも、ボヌッチが前半終了間際にイエロー。
2枚目→退場・・・。
かと思いきや、先般の分はピルロに訂正。

後半に入っても、やはり主導権はジェノア。
しかし、51分のジョビンコ。左サイドからカットインからのシュート。
フレイのセーブ&ジャッケリーニの残念なプレーでゴールは逃しましたが、
ここで流れが変わると踏んだのか、ほとんど機能していなかったマトリ、デチェーリエに代えて
ヴチニッチ、アサモアを投入。(本当なら温存したかったのでしょうが、苦肉の策でしょう)

これが功を奏して、同点、逆転ゴールが生まれます。
やはり、ヴチニッチのタメの作り方、落ち着きはユヴェントスにゴールを、ピルロに時間を与えますね。明らかにヴチニッチ、アサモアが入ってリズムが変わりました。
(もちろん、同点ゴールの数十秒前のブッフォンビッグセーブも見逃せませんが)
それにしても、同点ゴールのジャッケリーニ。
ジョビンコのシュートのこぼれ球より難易度が高い方のシュートを決めるとは。

ちょっとした見どころだったのは、アサモアが得たPKを誰が蹴るのか。
ジョビンコも蹴ろうと主張はしたのですが、結果はヴチニッチ。
今のところ、
PK:ビダル→ヴチニッチ→??
CK、FK:ピルロ→??

といった序列ですね。
頑張れジョビンコ!未来のエースになる日のために!

ピルロへのマンマークでボールが回らない、引き出す動きもない、そんな中で奪われた先制点。
本当に久しぶりの負けを覚悟しましたが、結果だけ見れば途中出場のヴチニッチ、アサモアの活躍で逆転勝利。
しかし、レギュラーと控えの差がはっきりと表れてしまい、CLとの過密日程を戦うチームとしては不安の残るゲームとなりました。

それにしても柱谷。
ピルロをデルピエロと何度も言い間違える。
僕もデルピエロがピッチにいるかと勘違い
しませんよね。

シドニーに旅立ったデルピエロ。
Buona fortuna!


Lega Serie A 第3節
Genoa 1 1-0 3 Juventus
0-3
インモビーレ 18′
61′
78′
84′

ジャッケリーニ
ヴチニッチ
アサモア



⇒ 目指せ!ビッグイヤー☆☆☆

blogramのブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ ユベントスへ


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。