【2011-12 第14節 Juventus vs Cesena】 負けないユベントス!でもカピターノは負傷交代

       

ミッドウィークのナポリ戦を価値あるものにするために是非とも勝ちたいユベントス。
累積警告でピルロを欠いて代役はパツィエンツァ。
なかなかのパス回しでしたが、全員守備のチェゼーナを崩すまではいきません。
前半、相手にシュートを打たせず、一方的に攻め立てますが、マトリやペペがチャンスを外し得点ならずにスコアレスで後半へ。

早速動く、ミステル。
マトリに代え、クアリアレッラ、ヴチニッチに代え、デルピエロを投入。なんとか1点をもぎ取りに行きます。
久しぶりにまとまったプレー時間を得たデルピエロ。
でしたが、、、交代6分後に相手DFのスパイクがこめかみへ。
流血したデルピエロ。プレー続行は不可能で無念の負傷交代。
倒れながら地面を蹴るデルピエロ。痛みと悔しさとが共存しているようでした。
交代はジャッケリーニ。

嫌な流れのユベントスを救ったのはやはり絶好調のマルキージオ。
72分ゴール前で絶妙なトラップからのシュート!
値千金の先制点☆チームトップタイの6得点。
これで試合はユベントスのペースへ。
82分にはゴール前に飛び込んだジャッケリーニを倒したとの判定でPKを獲得。
ちょっと厳しい判定でしたが、ビダルが確実に決めて試合を決めました。
ユベントス首位キープ。


パツィエンツァも頑張ってましたが、やはりピルロ不在は大きかったですね。
デルピエロの怪我は心配されましたが、8針を縫い大事には至らなかったようです。
8針って結構な傷だったと思いますが、救急車の中で笑顔の写真がfacebookにあったようです。
無事で何より。次戦に期待です☆


Lega Serie A 第14節
Juventus 2 0-0 0 Cesena
2-0
マルキージオ
ビダル
72′
83′


関連ニュース >>

   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。