【2011-12 第10節 Intel vs Juventus】 マルキージオ値千金の決勝ゴールでナショナルダービーを制す!

       

肩の負傷でブッフォンの出場が危ぶまれた試合。
相手は、スタートダッシュに失敗した感のあるインテル。
しかし、そこはナショナルダービー。
今だ下位に低迷中ですが、やはり侮れない相手です。

前半から激しくぶつかり合う両チーム。
先に主導権を握ったのはインテル。
パッツィーニ、カンビアッソ、スナイデルとシュートを放ちますが、ゴールならず。
冷や冷やものでゲームを見ていましたが、先制したのはユベントス。
右サイドからのクロスをマトリがシュート。GKにはじかれたところをヴチニッチが詰めました。

続けて、マトリが絶好機を迎えますが、ゴールならず。

チャンスの後にはやはりピンチはつきもの。
マイコンのシュートがボヌッチに当たりゴール。
あっさり同点。
続けて、パッツィーニのヘディング。
あまりにきれいなシュートで、やっぱりインテル強いか・・・。
と思いましたが、クロスバーに阻まれます。

勝ち越したのはユベントス。
マトリとのワンツーからマルキージオの見事なミドルシュート!
さらに、マルキージオは得点のチャンスを迎えますが、相手GKとの
接触でシュートならず。
(PKでもおかしくないようなプレーでしたが)

後半終了間際にユベントスは途中出場のデルピエロが絶好のチャンスをものにできず、
追加点は上げられませんが、ゲームをコントロールし試合終了。

ユベントスは首位をキープ。
逆にインテルは降格圏が見えてきました。

Lega Serie A 第10節
Intel 1 1-2 2 Juventus
0-0

マイコン
12′
28′
33′
ヴチニッチ

マルキージオ


関連ニュース >>

   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。