【2011-12 第2節 Juventus vs Parma】 老貴婦人、上々の船出

       

ストライキで1週間延期になりましたが、待ちに待ったセリエAの開幕です。

第2節からの開幕という事で、完成したばかりのスタディオ・デッレ・アルピでの開幕戦。
こういうのにはちょっと運命を感じます。
収容人数は41,000人。カンプノウなどと比べるとそれほど収容人数は多くありませんが
セリエで初めての自己所有スタジアムです。(99年間という期限付きらしいですが)
芝の状態がいい事は一目瞭然。しかもグラウンドとスタジアムが非常に近く、文字通り12番目の選手としてサポーターの力が重要になりそうです。

試合の方ですが、終始ペースを握り続けたユベントスが圧勝。
新戦力のリヒトシュタイナー、ビダルが得点をあげました。
個人的には新スタジアムでの初得点はデルピエロ!といきたかったのですが
リヒトシュタイナーにプレゼントです。

しかし、ピルロのプレーには驚きでした。1点目、4点目と2本のアシストには驚かされました。
体の線が細く、コンタクトプレーには弱いんでしょとライバルチームにいたときは少し馬鹿にしてましたが、コンタクトプレーにならないくらい自分の間合いを持っている選手です。
時折見せる、ミドルシュートも枠内にしかも無回転のおまけつき。
正直、見とれてしまいました。

ブッフォンがバカンス中、たまたまミランの副会長に会い、ピルロ放出のお礼を言ったそうです。
こんな素晴らしい選手がフリーで獲得できるなんて感激ですね。

今後の活躍にますます期待です。


最後のデ・チェリエの退場以外はほぼ完璧な試合でした。

Lega Serie A 第2節
Juventus41-01Parma
3-1
リヒトシュタイナー
ペペ
ビダル
マルキージオ

17′
58′
73′
83′
90′ + 2




ジョヴィンコ(PK)


   

⇒ あわせてどうぞ


   
  
   
   センプレ
   
  1. コメントはまだありません。